【WEC】ロッテラー「ポルシェに合うスタイルに適応し始めてきた」

アウディからポルシェへ移籍したアンドレ・ロッテラーは、WEC第2戦スパにして、すでにポルシェの919ハイブリッドに順応し始めていると語った。

 昨年WECを撤退したアウディからポルシェへ移籍したアンドレ・ロッテラー。ニール・ジャニやニック・タンディと共に1号車ポルシェを担当している彼は、WEC第2戦スパにして、すでにポルシェの919ハイブリッドに順応し始めていると明らかにした。

「(ポルシェとアウディのマシンを比べると)全く違った獣のようだ」

「それらは全く違ったドライビングスタイルを必要としている。その点、僕はまだ学習の途中だ」

 ロッテラーは、ドライビングスタイルを変更していかなくてはならない理由として、アウディのR18がターボディーゼル車であったのに対し、ポルシェ919ハイブリッドが8MJガソリン車であることを挙げた。

「アウディは6MJクラスのマシンだったため、もう少しパワーがあった。だからどちらかというと回転数を上げて走らせるマシンだった」

「(アウディは)とにかくアクセルを踏むといったような要領だったけど、一方のポルシェのエンジンは低回転にブーストの重点が置かれているため、ドライビングスタイルが違う」

「他にも色々と違いはあるが、大体それが主なものだ」

 ロッテラーは開幕戦シルバーストンでの3位よりも、今週末の第2戦スパでは順位を上げることが目標だと語った。また彼は、ポルシェのローダウンフォース仕様のエアロは、シルバーストンよりもスパの方が機能するだろうと予期している。

「開幕戦で表彰台に登れたため、良いスタートを切れたと思う。でも勝つためにも常に3位じゃ満足できない」

「今回のスパでは、うまくことが進めば前回よりも良いことが起きると思っている。シルバーストンでのローダウンフォース仕様のエアロは少し不利だったと思う」

「今のセットアップは悪くないし、スパとマッチしていると思う」

【関連ニュース】

【WEC】スパFP3:トヨタ1-2-3独占。8号車の中嶋一貴がトップ

【WEC】トヨタ"復帰"のラピエール「ル・マン勝利が最大の目標」

【WEC】トヨタ村田氏「スパで勝ちたい。選手権をリードするのが目標」

【WEC】小林可夢偉「予選は自信を持っていける。決勝は”ガチ勝負”」

【WEC】デビューの国本雄資「周回遅れのマシンを抜くのが難しい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース