【WEC】国本雄資「ようやくここまで来た」。夢だった欧州レースに挑戦

Toyota Gazoo Racingに加入し、スパ6時間とル・マン24時間に挑む国本雄資は、欧州でのレースに参戦するのは”夢”だったと語る。

 今シーズンのトヨタは、悲願のル・マン24時間制覇に向け、本気の体制を整えてきた。WEC(世界耐久選手権)のフル参戦する7号車と8号車に加え、スパ6時間レースとル・マン24時間に、3台目のTS050ハイブリッドを走らせることを決めたのだ。

 3台目のTS050ハイブリッドのカーナンバーは9。この9号車に乗るのはベテランのステファン・サラザン、トヨタ復帰となるニコラ・ラビエール、そして国本雄資だ。

 国本は昨年、スーパーフォーミュラでチャンピオンを獲得。そこからの大抜擢となった。彼に声がかかったのは、トヨタのレース関係者が一同に集う、会合でのことだったという。

「去年の12月に、TS050のテストに参加しないかと言われて、参加することになりました」

 それまで国本は、まさかル・マン参戦に向けた声がかかるとは思っていなかったという。

「思っていませんでしたよ。『よっしゃー! ついに来た!』と思いました」

 そう、当時の喜びを国本は表現した。これまで、彼は海外のレースに挑戦したことはほとんどない。しかし、ヨーロッパでレースをすることは、彼にとって長年の夢だったという。

「すごく楽しみですよ。小さい頃からヨーロッパでレースをしたいという想いがありましたし、自分の夢でした。ようやくここまで来れて、スパとル・マンがすごく楽しみです」

 初めて乗るLMP1-Hクラスのマシンについて、「楽しかった」と国本は表現する。

「すごくパワーがあって、楽しかったです。スーパーフォーミュラやスーパーGTと比べると色々と複雑でしたが、それも含めて楽しいです」

 ただ、スイッチなどを覚えるのには、とても苦労しているという。

「大変ですね。ホント、(スーパーGTやスーパーフォーミュラ)の100倍くらい(覚えなければならないことが)あると思います。誇張じゃなく、スイッチの数だけでも100倍あるんじゃないでしょうか。今は(説明を書いた)紙をもらって勉強したり、シミュレータに乗ったりしています」

 ダウンフォースはスーパーフォーミュラの方が感じると、国本はその印象を語る。

「一番身体にキツイのはスーパーフォーミュラですね。ダウンフォースもスーパーフォーミュラの方が感じます。とはいえ、このクルマ(TS050)もダウンフォースはしっかりありますし、しかも四駆なんで、安定していると思います」

 またWECといえば、複数クラスの混走レースである。こればかりは実際のレースになってみなければ分からないものの、すでにマシンには慣れたと国本は語る。

「レースになればトラフィックがあったりするんでしょうけど、一人で走る分には慣れました。台数が多いし、スピード差があるクルマと、そんなに無いクルマがいるというレースは、僕はまだやったことありません。でも、クルマの特性はつかめてきたんで、問題ないと思います」

「(小林)可夢偉選手や(中嶋)一貴選手、そしてチームメイトから色々なアドバイスをもらいました」

 国本は今年、スパとル・マンでTS050に乗る他、スーパーGTとスーパーフォーミュラにもフル参戦するという、非常に忙しい1年を過ごすことになる。

「このレースに出たからといって、日本のレースが疎かになるわけじゃなりません。今は色々なクルマに乗って、経験を積むというのは、レーシングドライバーとしてプラスになると思いました」

”夢”だった欧州でのレースに初めて本格的に挑む国本は、インタビュー中に何度も「楽しい」という言葉を口にした。彼はWECでどんなレースを見せるのか? その初戦は5月4日〜6日にかけて開催される、スパ6時間レースだ。

【関連ニュース】

【WEC】トヨタが新型TS050を公開。ル・マン制覇を目指し”全面改良”

【WEC】可夢偉「問題なくて怖いくらい。昨年より確実に良くなった」

国本雄資「苦しい想いをした分だけ、タイトルは重みがある」:SF最終戦

【スーパーフォーミュラ】2016年王者、国本雄資が成長した理由

【SF】国本雄資の父語る「レーシングドライバーに育てるつもりだった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC , Le Mans
イベント名 Toyota TS050 Hybrid launch
記事タイプ 速報ニュース