WEC「富士の日程変更をして、アロンソの関心を引き続けたかった」

WECの代表は、アロンソをWEC富士6時間レースに参戦させるために日程を1週間前倒しにした決定を支持している。

 WEC(世界耐久選手権)のジェラール・ヌーブ代表は、フェルナンド・アロンソをWEC富士6時間レースに参戦させるために、日程を1週間前倒しにした決定を支持している。

 今週WECは、富士ラウンドの日程をF1アメリカGPが開催される10月21日から、1週間早めた10月14日に変更することを明らかにした。これによりWEC2018/19年シリーズにトヨタから参戦するアロンソがWEC富士に参戦することが可能となっている。

 しかし多くのドライバーが10月14日に開催されるIMSAプチ・ル・マンに参戦することを計画していたため、この日程変更により、彼らも調整を強いられることとなった。

 フォードGTドライバーであるオリビエ・プラは、WECの日程変更について「WECとプチ・ル・マンに参戦するドライバーたちへの"配慮や尊敬の念が欠如"している」と厳しく非難している。

 一方のヌーブは、アロンソやトヨタを他のドライバーよりも優先させることで、彼らのWECへの関心を引き続けなければならないと説明した。

「このような決断を下すと一部の人々はハッピーになるが、数名が不満を抱えることになるのはいつものことだ」

「まず彼らからのWECに対する関心を引き続けたかった。それは我々が一番初めに考慮すべきことだった」

「アロンソのようなドライバーがパドックにいて、トヨタでレースしているというのに、彼を日本でのレースに参戦させないままではいられなかった」

「フェルナンドはWECで戦いたがっている。彼は1レースも逃したくないのだ。それは論理的なことだ。だからアロンソをWEC富士に参戦させるという決定に疑いの余地はなかった」

 さらにヌーブは、以前からWEC富士の日程変更を行う可能性があるとIMSAに対しあらかじめ伝えていており、IMSAがその根拠を"完全に理解してくれている"と明らかにした。

「彼らはデイトナ(24時間レース)にアロンソを参戦させていたため、彼がパドックを歩くことで生まれる付加価値についてよく理解している」

プチ・ル・マンの日程変更は行わず

 ヌーブはIMSAがプチ・ル・マンの日程を変更する可能性があると見込んでいたが、IMSAはそれを否定した。

 IMSAの広報は次のように語っている。

「WECがIMSAに対し、今年のプチ・ル・マンの日程を変更するように依頼してきたので、IMSAはその要請を叶えることが可能なのか慎重に検討しました」

「しかしテレビ報道などの調整や同じ週末にIMSAの年末イベントが開催されること、さらにメーカーのロジスティック面を考慮するとプチ・ル・マンを動かすというハードルは非常に高いと判断しました」

「したがって、ロード・アトランタで行われるプチ・ル・マンは、予定通り10月10~13日に開催されます」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC , IMSA
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース