【WEC】撤退をも仄めかすトヨタ「ハイブリッド技術の開発が主目的」

トヨタは、WECのハイブリッド技術の適用範囲が縮小することになれば、参戦を断念する可能性があると示唆している。

 トヨタは、WEC(世界耐久選手権)に参戦することでエネルギー回生システムの開発を推し進めるという目的を持っている。そのため、WECがハイブリッドシステムを縮小する方向性になった場合、トヨタはWEC参戦を断念する可能性があるとTMG(トヨタ・モータースポーツ)のテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは明らかにした。

「トヨタがWECに参戦する主な目的は技術開発であり、具体的に言えばハイブリッドシステムの開発を推し進めるためだ。よって(WECがハイブリットシステムの適応範囲を縮小させることになれば)トヨタがそれを受け入れることはできない」

「ハイブリッド技術を開発することこそが、トヨタのプログラムが継続される理由なのだ」

 その一方、バセロンはトヨタのWECプログラムに「終わりはない」と述べている。現時点では2017年末までの参戦は確定している。

 彼の発言は、LMP1-Hクラスが2019年末で撤廃され、2020年からの新たなレギュレーションを策定する議論がスタートすることを背景にしている。

 議論はFIAとル・マン24時間レースのプロモーターであるACO(フランス西部自動車クラブ)によって行われている。彼らは、LPM1クラスへ新規チームを招致することを目的に、新たなレギュレーションで大幅なコストダウンを目指すという。

 ACOのスポーツディレクターであるヴィンセント・ボーメスニルは「未だ何も合意されていない状態だ。我々は2020年に向けて大幅なコスト削減を実現するために全ての可能性について話し合いの場を設けたいと思っている」と語っている。

 新しく参戦するチーム候補のうちのひとつであるプジョーは、LMP1クラスへの復帰に関心を寄せているが、参戦復帰は大幅なコスト削減が行われない限り実現することはないと明らかにしている。彼らはハイブリッドシステムの適応範囲を縮小し、各ラップで使用することができるエネルギー量を制限させることを望んでいるのだ。

 バセロンは、レギュレーション改定に関する話し合いにトヨタとポルシェが参加することを明かし、「誰もがレースに参加したいと思えるようなレギュレーションであり、それでいて激しいレースが継続されるような解決策が提起されることだろう」と説明している。

 すでに2017年は、新しいメーカーの参入を奨励するための措置が導入されている。1ラップあたりの燃料使用可能量を増加、またシーズンごとに使用できるエンジンの基数及び、エアロパッケージの種類が制限されたのだ。

 本来の予定では2018年から新たなハイブリッドシステムの使用を可能にし、8MJの上に”10MJクラス”を新設することが目指されていた。しかしその予定も、アウディが昨年10月にWECを撤退を表明した後、凍結されることが決まった。

【関連ニュース】

【WEC】ポルシェ「開幕戦エアロ仕様は秘密」トヨタと戦略分かれる?

【WEC】トヨタ、財政的に大きなリスクを承知で”3台目”投入を決断

【WEC】トヨタ&ポルシェ、2017年仕様マシンをアラゴンでテスト

【WEC】ポルシェ「2メーカーでも変わらない。WECの根本を変えないことが得策だ」

【WEC, ル・マン】トヨタのカーナンバーは7&8。3台目は9号車に

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース