【WEC】開幕戦優勝の中嶋一貴「今までのクルマよりずば抜けて良い」

2017年WEC開幕戦シルバーストンで大接戦を繰り広げ、見事に優勝を果たしたトヨタ8号車。そのクルーである中嶋一貴がレースを振り返った。

 大乱戦となったWEC(世界耐久選手権)開幕戦シルバーストンの決勝で、まず1勝をトヨタに持ち帰った8号車TS050 Hybrid。そのクルーである中嶋一貴がWECの表彰台の中央に登るのは2013年富士戦以来のこと。表彰式で中嶋は顔を綻ばせ、久々の勝利を噛み締めた。

 中嶋は、中盤から終盤にかけてのスティントを担当。フルコースイエローやセーフティカーが発動し、雨によって大きく左右されたレースの中、安定したペースを発揮して最終スティント手前までバトンを繋いだ。

「途中のフルコースイエローやセーフティカーで、温度に苦しめられましたが、でもとりあえず勝ててよかった」と喜びもひとしおの中嶋。

 レースの最後、僚友のセバスチャン・ブエミとポルシェのブレンドン・ハートレーによって繰り広げられたテール・トゥー・ノーズでの戦いについて、中嶋は次のように語った。

「タイヤはこちらの方が新しいですし、8秒後ろでもチャンスはあるだろうと思って見ていました。でも雨も降ってくるし。疲れましたね。見ているのも辛かった。でもセブ(ブエミの愛称)なら仕事をしてくれると思っていました」

「あれが最初のビッグチャンスだったので。セバスチャンとブレンドンのふたりだから、うまくいったのだと思います」

ポルシェとの接戦

 パッケージの違いによるアドバンテージや、シーズン前テストから開幕戦予選までの結果を見れば、トヨタが勝利候補筆頭であった。しかし蓋を開けてみれば、トヨタとポルシェはレースの残り15分まで接戦。また突然の降雨によって、不測の事態に陥る可能性はいつでもあったと言えるだろう。

 その接戦の理由として、中嶋は天候によってタイヤの表面温度の管理が困難であったことと、ポルシェが想定以上に速かったことを挙げた。

「トヨタのマシンは悪くなかったと思います。トラブルフリーでちゃんと走れました。ただ雨が降ったり止んだりして、気温も低かったので多少苦労させられました。しかし、ある程度は予想していたように走れていたと思います」と中嶋。

「それよりも、ポルシェが意外と速かったという感じでしたね」

「むしろ、タイヤの温度に苦しんだことが、ポルシェと接近戦になってしまった原因なのかなとも思います」

 中嶋はポルシェがトヨタとほぼ同じペースを発揮した理由について分析した。

「色々と要素はあるんですけど、レースになった方がポルシェにとってアドバンテージになる部分もあると思うので」

「ストレートも速いですし、ドラッグが少ない分、燃費も良いです。だからこそ彼らがレースでうまく立ち回れたのだと。色々とポルシェ向きのシチュエーションになったのだと思います」

今後のレース展開

 ポルシェはシルバーストンにローダウンフォース仕様を投入し、ここまでのポテンシャルを発揮した。今後のレース展開について、中嶋はどう分析するのだろうか?

「スパもなんとも言えないですね。どちらかというと僕たちがどれだけ上手く走れるかということになりそうです。行ってやってみないとわからないです」と中嶋。

「ただル・マンはモンツァの延長だと思うので、ポルシェのローダウンフォースはこれ以上変わらないかなと予測しています。ル・マンはル・マンで良い戦いができそうな予感がします。それ以降はまだわからないです」

「ル・マン以降は、ポルシェが寝かせているハイダウンフォース仕様をどれだけやってきたかによると思います。でもそこらへんはお互い様というか。こちらも上手くやっていくしかないです」

 また中嶋は、現時点での2017年パッケージについても評価した。

「基本的に相手がいるので、その相対評価なので難しいのですが、ただこれまで走ってきたパッケージの中では、2017年のクルマがずば抜けて良いですね。勿論、パワートレインも含めてですが」

「ハイダウンフォース仕様も戦闘力があると思いますし、ローダウンフォース仕様もモンツァ走っている感触では(良いのかなと)。全然違うクルマなので難しいですけど、どっちも良い状態だと思います。2014年は置いといて、今までで一番良いクルマなのは間違いない。ちゃんと進化していると思います」

 開幕戦から、手に汗握る大接戦を繰り広げたトヨタとポルシェ。これからも良い接戦が期待できそうだ。また、シーズン全体を長い目で見れば、年間チャンピオンに向けてさらに勝利が欲しいところだろう。中嶋にそう訊くと、彼は次のように語った。

「でもやっぱりル・マンですよ。まあル・マンで勝てれば、他も自ずと他の勝利も近づいてくると思います」

【関連ニュース】

【WEC】シルバーストン決勝詳報:大乱戦の開幕戦、トヨタ8号車が制す

【WEC】ポルシェがハイダウンフォース仕様を持ち込まなかった理由

【WEC】トヨタ村田技術責任者「全体の士気が素晴らしく上がっている」

【WEC】中嶋一貴「可夢偉に及ばず……」も決勝セッティングに自信

【WEC】大クラッシュのロペス、検査のため病院へ搬送

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 シルバーストン
サーキット シルバーストン
記事タイプ 速報ニュース