F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

山下健太、WECルーキーテストでトヨタTS050を初ドライブへ

シェア
コメント
山下健太、WECルーキーテストでトヨタTS050を初ドライブへ
2019/11/15 9:55

TOYOTA GAZOO Racingは、12月15日にバーレーンで行われるWECルーキーテストに、山下健太とトーマス・ローラン、そしてニック・デ・フリーズを起用することを明らかにした。

 TOYOTA GAZOO Racingは、12月15日にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われるWEC(世界耐久選手権)のルーキードライバーテストに、トーマス・ローランと山下健太を参加させることを明らかにした。

 ローランは今季TOYOTA GAZOO Racingのテスト兼リザーブドライバーを努めつつ、シグナテック・アルピーヌ36号車のドライバーとしてLMP2クラスに参戦。ランキング3位につけている。

 一方の山下健太は、今季スーパーGTのGT500クラスで#6 WAKO'S 4CR LC500を駆り、チャンピオンを獲得。またWECではハイクラス・レーシング33号車のドライバーとして、やはりLMP2クラスに参戦している。

 ローランはすでに2017年のWECルーキーテスト以来、数回にわたってTS050 HYBRIDをドライブしているが、山下は今回が初走行の機会となる。

 またすでに発表されている通り、今季のFIA F2王者であるニック・デ・フリーズも、このルーキーテストでTS050 HYBRIDを走らせる予定だ。

 チーム代表の村田久武は、プレスリリースに次のようにコメントを寄せた。

「トーマス・ローランを再びTS050 HYBRIDのコックピットに迎えると共に、非常に才能豊かな若手ドライバーである山下健太とニック・デ・フリースが、初めてTS050 HYBRIDをドライブし、何を感じ、どれだけ適応してくれるのかが大変楽しみです。彼らのドライバーとしてのキャリアの中で、今回のテストは非常に貴重な経験となるでしょう」

「また7月のプロローグ以来のドライブとなるトーマスが、この間のTS050 HYBRIDの進化をどう感じ取ってくれるのかについても注目しています」

 WECルーキーテストは、バーレーン8時間レースの翌日である12月15日に行われる予定となっている。

Read Also:

次の記事
来季のWEC”ハイパーカー”に期待するトヨタ。初年度は4チームが参戦?

前の記事

来季のWEC”ハイパーカー”に期待するトヨタ。初年度は4チームが参戦?

次の記事

【ギャラリー】2019年鈴鹿サウンド・オブ・エンジン

【ギャラリー】2019年鈴鹿サウンド・オブ・エンジン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC