【WEC】FIA、WECの開催を2020年まで延長。ACOと合意

FIAは、WECの開催を2020年まで延長するという契約をACOとの間に締結したことを明らかにした。

 FIAは、ACO(フランス西部自動車クラブ)との間に結んでいるWEC(世界耐久選手権)の開催契約を延長した。日曜日の朝、WECの開幕戦が行なわれているシルバーストンでサインされ、新たに2020年までのWEC開催が決定した。

 今回のようにFIAとACOが3年契約を締結するのは、2012年にWECが復活して以来3度目のことである。

 FIAの会長であるジャン・トッドは、以下のように話した。

「物事をうまくやっていくためには、前進し、状況をより良くしていくために合理的になるだけだ」

 トッドは、昨シーズン限りでアウディが撤退したものの、LMP1クラスにはふたつのマニュファクチャラーが参戦を続けているにもかかわらず、今のところはこの契約を延長する予定はないという。

「これはモータースポーツだけではなく、スポーツというものの一部だ。人々がやってきて、レースに参戦し、そして去っていくんだ」

「マニュファクチャラーを参戦し続けさせるかどうかはFIAとACO次第だ。願わくば、もっと数が増えてほしい。そういうわけで、レギュレーションやコストの推移を考慮することが重要だ」

 WECの代表者であるジェラール・ヌブーは、FIAとACOの契約に、LMP1クラスには3つのマニュファクチャラーの参戦を求める条項が存在するということを否定した。

 彼はmotorsport.comに対し、「いつもふたつのマニュファクチャラーが参戦していた。2012年はどうだったかを思い出してほしい」と話した(2012年のLMP1クラスはアウディとトヨタのみ)。

【関連ニュース】

【WEC】シルバーストン予選:7号車トヨタPP。1-2位トヨタ独占

【WEC】PP獲得の小林可夢偉。"予選寄り"のマシンに苦戦を覚悟?

【WEC】中嶋一貴「可夢偉に及ばず……」も決勝セッティングに自信

【WEC】トヨタ村田技術責任者「全体の士気が素晴らしく上がっている」

【WEC】ジャニ「ポルシェは開発のために”ジョーカー”を使った」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース