【WEC】ニュルFP3:トヨタが1-2。トップタイムはロペス

WEC第4戦ニュルブルクリンク6時間レースのフリー走行3回目が行われ、7号車トヨタTS050Hybridがトップタイムを記録した。

 世界耐久選手権(WEC)第4戦ニュルブルクリンク6時間レースのフリー走行3回目が行われ、7号車トヨタTS050Hybridがトップタイムを記録した。

 ニュルブルクリンク2日目の午前中に60分間に渡って行われたフリー走行3回目で7号車トヨタのホセ・マリア・ロペスは、1分38秒696というトップタイムを記録した。

 ロペスのタイムは、初日に2号車ポルシェ919Hybridのブレンドン・ハートレーが記録したトップタイムを0.3秒下回るものだった。2番手は姉妹車の8号車トヨタで、中嶋一貴が1分39秒396をマークした。

 3番手は2号車ポルシェのティモ・ベルンハルト(1分40秒635)、1号車ポルシェのニール・ジャニは4番となった。

 LMP2クラスはフリー走行1回目に続き、31号車レベリオンのブルーノ・セナがトップタイムを記録した。それに続き、35号車アルピーヌのネルソン・パンチアティシが2番手となった。

 LM-GTE Proクラスは66号車フォード、Amクラスは92号車ポルシェだった。

 WEC第4戦ニュルブルクリンクの予選は、日本時間7月15日21時45分よりスタートする。

WEC第4戦ニュルブルクリンク6時間耐久レースのフリー走行結果

【関連ニュース】

WECニュルFP:ポルシェが連続トップ。新エアロでトヨタに1秒差

WECポルシェ、ニュルに向け高ダウンフォース仕様エアロをテスト

中嶋一貴「富士を楽しみにできるような後半戦にしたい」

ジャービス「トヨタとポルシェは"良い宣伝"にならなかった」

トヨタ&ポルシェ、プラグインHV導入は「自然な流れ」と強調

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 ニュルブルクリンク
サーキット ニュルブルクリンク
ドライバー ホセ・マリア ロペス
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース