7号車トヨタ、ピットレーン速度違反でPPタイム抹消

シェア
コメント
7号車トヨタ、ピットレーン速度違反でPPタイム抹消
執筆: 赤井邦彦
2018/10/13 9:40

WEC富士予選で最速タイムをマークした7号車トヨタTS050ハイブリッドだが、ピットレーン速度違反によりタイム抹消処分を受けた。

 WEC富士6時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車TS050ハイブリッドが最速タイム(1分23秒557)をマークしたが、ドライバーのホセ・マリア・ロペスがピットレーンで速度違反を犯したとして失格となり、7号車のタイムは無効になった。

 ピットレーンの制限速度は60km/h。ロペスはそこを67.7㎞/hで走行した。この違反に対しFIAは900ユーロ(約11万6000円)の罰金を科し、7号車のタイムを抹消した。

 明日行われる決勝レースのスタートに関してはまだ発表はないが、7号車はピットレーンからのスタートになるか、グリッド最後尾からのスタートになる模様だ。

 それにしても、7号車トヨタはまだ負のスパイラルから抜け出せていないようだ。

次の WEC ニュース
アロンソ「今のF1に、僕を打ち負かすヤツはいない」

前の記事

アロンソ「今のF1に、僕を打ち負かすヤツはいない」

次の記事

星野敏、初WECで見事クラスPP「まさか獲れると思っていなかった」

星野敏、初WECで見事クラスPP「まさか獲れると思っていなかった」
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
イベント 富士6時間レース
サブイベント Saturday qualifying
執筆者 赤井邦彦
記事タイプ 速報ニュース