トヨタとプライベーターの差埋まらず。WEC、さらなる性能調整実施

シェア
コメント
トヨタとプライベーターの差埋まらず。WEC、さらなる性能調整実施
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2018/10/13 5:20

WECは富士6時間レースの週末中にも関わらず、EoT(技術均衡値)を改訂。LMP1プライベーターのパフォーマンスが向上することになった。

 FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦富士6時間レースの土曜走行開始を前に、EoT(技術均衡値)が改訂され、LMP1クラスのプライベーターのパフォーマンスが底上げされることになった。

 今週末を前にトヨタの圧倒的なアドバンテージを埋めるため、トヨタTS050 HYBRIDの車両最低重量が26kg引き上げられた。しかし12日(金)に行われた2度のフリー走行においても、トヨタがプライベーターたちに対して1秒あまりの差をつけていた。

 これを受けて土曜日の走行開始前に新たなEoTが発表された。最新の変更ではトヨタの参戦条件に変更はないものの、レベリオンやSMPレーシング、ドラゴンスピード、バイコレスに影響が及ぶ。

 自然吸気のギブソン製エンジンを使用するレベリオンとドラゴンスピードは、1周あたりに使えるエネルギー量が1.5MJ増やされることになった。ターボエンジンを使用するSMPレーシングとバイコレスも同じく、1周あたり1.4MJ多くエネルギーを使用できるようになる。

 さらに自然吸気エンジンを使用するチームは1スティントにつき燃料を1.1kg、ターボエンジンを使用するチームは1kg多く積むことも可能となった。これらの変更で、プライベーターたちはより積極的にエネルギーを使えるようになる。

 ただ、こういったEoTの変更にも関わらず、予選前の土曜フリー走行もトヨタがワンツー。トヨタの7号車は、3番手となったSMPレーシングの17号車に対して1.086秒差をつけている。

次の WEC ニュース
WECトヨタ、来季もアロンソの起用を熱望「彼が残留を望むなら……」

前の記事

WECトヨタ、来季もアロンソの起用を熱望「彼が残留を望むなら……」

次の記事

WEC富士予選:7号車トヨタがPP獲得。GTEクラスでは星野敏が大健闘

WEC富士予選:7号車トヨタがPP獲得。GTEクラスでは星野敏が大健闘
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
イベント 富士6時間レース
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース