F1
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
MotoGP
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
3 days
スーパーフォーミュラ

WEC最終戦バーレーン、開催が1週間前倒しに。F1開催カレンダーとの兼ね合い

シェア
コメント
WEC最終戦バーレーン、開催が1週間前倒しに。F1開催カレンダーとの兼ね合い
執筆:

FIA世界耐久選手権の最終戦バーレーン8時間レースが、F1のバーレーン連戦と隣接していることをうけ、1週間前倒しされ、11月14日に開催されることとなった。

 FIA世界耐久選手権(WEC)は、11月21日に開催予定だったバーレーン8時間レースが、F1の新たな開催カレンダーと接近していることから、1週間前倒しする予定だと明らかにした。

 2019−2020シーズンのWECは、新型コロナウイルスの影響で中断されていたが、8月中旬にスパ6時間レースで再開を迎えた。9月19〜20日にはル・マン24時間レースが開催され、11月21日には最終戦バーレーン8時間レースを行なう予定とされていた。

 しかし8月25日にF1が今季の今季後半の開催予定を新たに公表。11月27〜29日、12月4〜6日に2週連続でバーレンでグランプリを開催する予定であり、バーレーン・インターナショナル・サーキットはWECと合わせて3週間連続でレースが行なわれる事になっていた。

 こうした過密日程に対し、FIAおよびWECは再び日程変更を行なうことを決定。1週間前倒しした11月14日にバーレーン8時間レースを行なうと発表した。

 なお11月14日には日本のスーパーフォーミュラ第4戦オートポリス、及びIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のセブリング12時間レースが開催される予定であり、WECバーレーンと日程が重複している。

 今回の日程変更に際して、WECのジェラール・ヌブーは次のように語った。

「4月に修正版のカレンダーをアナウンスしたときから明確にしていたとおり、健康危機の状況やその他のFIA世界選手権のカレンダーによって日程は変更される可能性があった」

「BIC(バーレーン・インターナショナル・サーキット)が非常に多忙な時期に我々WECを歓迎し好意的に受け入れてくれることは、非常に幸運なことだ」

 ヌブーはセブリング12時間レースとの日程衝突については「あまり幸運ではない」と強調し、更にこう付け加えた。

「今年後半の圧縮されたレーススケジュールは、前例のない状況によるものであり、両シリーズへの影響は最小限にとどまると考えている」

 

Read Also:

関口雄飛、CARGUYからル・マン24時間参戦へ。最新エントリーリスト発表

前の記事

関口雄飛、CARGUYからル・マン24時間参戦へ。最新エントリーリスト発表

次の記事

感動のフィニッシュを劇場で! ル・マン24時間で史上初のライブビューイング実施

感動のフィニッシュを劇場で! ル・マン24時間で史上初のライブビューイング実施
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
執筆者 Gary Watkins