【WEC】PP獲得の小林可夢偉。"予選寄り"のマシンに苦戦を覚悟?

会心のアタックだったかと訊くと、順調だったと答える可夢偉。しかし、彼の決勝レースの予想は意外なものだった。

 WEC(世界耐久選手権)開幕戦シルバーストン予選、7号車トヨタの小林可夢偉は唯一1分37秒の壁を破り、トップタイムを記録した。チームメイトのマイク・コンウェイとのアベレージタイムでもトップ。ふたりは7号車トヨタにポールポジションをもたらした。

 会心のアタックだったかと訊くと「まあそうですね。順調だったと思います」と答えた可夢偉。しかし、彼の決勝レースの予想は、意外なものだった。

「7号車はレースではまだダメだと思います。予選ではいいですけど。クルマのバランスが予選向けになっていました。現状のマシンの仕様が予選向けなんです」

 彼らのマシンのセッティングは、それぞれのレースエンジニアとドライバーによって行われる。今回のセッティングの違いは全体的なトヨタの戦略というよりも、それぞれのマシン担当の方向性の違いから発生したようだ。

「多分僕らは8号車よりも遅いです。コーナーというよりも全体的に遅いです。(エネルギー)回生(システムに問題がある)というか、僕たちのマシンは高速コーナー寄りになっているんです」と小林は説明する。

「例えば、8号車はコーナーでアクセルをオフしないと曲がれないところを、僕たちは全開で曲がれちゃうという仕様にしています。燃料、エネルギーを使うし、回生もできないから、直線で遅くなってしまう。若干効率が悪いです。予選だから関係なかっただけです」

 7・8号車間の情報交換はあったそうだが、「今更、変更することは難しい」と小林は言う。彼が望むセッティングの方向性について訊くと、次のように話した。

「正直なところレースがしたいですね」

「(7号車メンバーのセッティングの好みによってというよりも)持ってきたセットアップが8号車寄りになれなかったんです」

 セッティングにまだ課題が残り、万全を喫したとは言い切れない様子の小林。決勝はポールポジションスタートでアドバンテージを作るチャンスがあるが……レースの運命や如何に。

 WEC開幕戦シルバーストン決勝レースは、日本時間4月16日20時よりスタートする。

【関連ニュース】

【WEC】中嶋一貴「可夢偉に及ばず……」も決勝セッティングに自信

【WEC】シルバーストン予選:7号車トヨタPP。1-2位トヨタ独占

【WEC】シルバーストン初日:トヨタ村田主任「想定以上に速かった」

【WEC】開幕戦1日目トップの中嶋一貴「すこぶる好調」

【WEC】シルバーストンFP2:トヨタ1-2。ポルシェを2秒引き離す

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WEC
イベント名 シルバーストン
サーキット シルバーストン
記事タイプ 速報ニュース