F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
15 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days

WECプロローグテスト初日:中嶋一貴駆るトヨタ8号車が最速

シェア
コメント
WECプロローグテスト初日:中嶋一貴駆るトヨタ8号車が最速
執筆:
2019/07/24 2:22

WEC2019-2020シーズンのプロローグテストが始まり、中嶋一貴が駆るトヨタ8号車が最速タイムを記録した。

 WEC(世界耐久選手権)2019-2020シーズンのプロローグテストがスペインのカタルニア・サーキットで始まった。その初日、午前中のセッションは7号車TOYOTA TS050 Hybridのホセ・マリア・ロペスが、午後のセッションは8号車TOYOTA TS050 Hybridの中嶋一貴が、それぞれトップタイムを記録した。

 午後のセッションは、ターン5の縁石に問題が発生したことにより赤旗が出され、1時間の中断。その影響により、30分延長されることになった。

 この赤旗が出されるまでは、午前中のセッションでロペスが記録した1分31秒229が最速だった。しかし赤旗が解除された後、トヨタ新加入のブレンドン・ハートレーが駆る8号車が、1分30秒669を計測してベストタイムを更新。さらにその後、中嶋一貴が残り1時間を切った後に1分30秒114というこの日のベストタイムを記録した。7号車は小林可夢偉が中嶋から0.066秒遅れのタイムを計測して2番手となった。

 非ハイブリッドマシン勢の最速は、1号車レベリオン・レーシングだった。レベリオンはトヨタ勢から1秒差以内のタイムを記録している。このタイムは、ノーマン・ナトーが記録した1分31秒073。姉妹車の3号車レベリオンは、グスタヴォ・メネゼスのドライブにより、1号車から約0.3秒遅れのタイムを記録している。

 ジネッタは、マシアス・ベシェのドライブによりレベリオン勢を上回る1分31秒043を記録していた。しかしこのラップではイエローフラッグが振られていたため、抹消されることになった。

 ただベシェがそれ以前に記録していた1分31秒818は、姉妹車をドライブしたマイク・シンプソンのタイムを0.003秒上回るものだった。2台のジネッタは合計84周を走行し、走行距離不足を補うこととなった。

 LMP2クラスのトップタイムは、午前中も午後も、ユナイテッド・オートスポーツが記録した。22号車のタイムは元F1ドライバーのポール・ディ・レスタが記録した1分33秒110。ディ・レスタは午前中と比較して、0.2秒タイムを更新した。

 トヨタのリザーブドライバーでもあるトーマス・ローランは、36号車シグナテック・アルピーヌをドライブして、クラス2番手を記録。ガブリエル・オーブリーがドライブした37号車ジャッキー・チェンDCレーシングのタイムを上回った。

 LM-GTEクラスは、71号車フェラーリが最速。ミゲル・モリーナがドライブし、1分43秒814秒を記録して、新車となったポルシェ911RSRの2台を上回った。

 ポルシェの最速は92号車のマイケル・クリステンセンで、タイムは1分43秒903。ジャンマリア・ブルーニがドライブした91号車は、92号車から0.2秒遅れだった。

 アストンマーチン唯一のLM-GTE Proクラスのマシンは、4人のドライバーがシェアしてドライブ。クラス5番手となり、LM-GTE Amクラス最速だったプロジェクト1よりも遅かった。

次の記事
WEC、LMP1クラスに”ハンディキャップ”導入。ポイント差に応じて変動

前の記事

WEC、LMP1クラスに”ハンディキャップ”導入。ポイント差に応じて変動

次の記事

WECプロローグテスト2日目:トヨタがワンツーも、プライベーター勢が肉薄

WECプロローグテスト2日目:トヨタがワンツーも、プライベーター勢が肉薄
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
イベント Prologue
ドライバー 中嶋 一貴
チーム Toyota Gazoo Racing WEC
執筆者 Jamie Klein