トヨタ2台がスキッドブロック違反で失格! レベリオン優勝に

シェア
コメント
トヨタ2台がスキッドブロック違反で失格! レベリオン優勝に
2018/08/19 22:57

WEC第3戦シルバーストン6時間レースで1-2フィニッシュを決めたTOYOTA GAZOO Racingだが、レース後の車検で違反が見つかり、レース結果から除外された。

 WEC(世界耐久選手権)第3戦シルバーストン6時間レース決勝で1-2フィニッシュを決めたTOYOTA GAZOO Racing。しかしレース後の車検で違反が見つかり、レース結果から除外されたことが分かった。

 2台のトヨタTS050 HYBRIDは、レース後の車検でスキッドブロック荷重試験に通過することができなかった。

 チームはレース中に損傷した結果だと説明したが、スチュワードはこれを認めなかったようだ。

 これにより、3号車レベリオン(マシアス・ベシェ、トーマス・ローラン、グスタホ・メネゼス組)が優勝、2位に1号車レベリオン・レーシングが繰り上がり、同チームが1-2フィニッシュを決めることとなった。また17号車SMPレーシングが3位に繰り上がる。

次の WEC ニュース
WECシルバーストン決勝|トヨタ3戦連続1-2フィニッシュ。8号車3連勝

前の記事

WECシルバーストン決勝|トヨタ3戦連続1-2フィニッシュ。8号車3連勝

次の記事

トヨタの失格原因はスキッドブロックのたわみ。チームは控訴を検討中

トヨタの失格原因はスキッドブロックのたわみ。チームは控訴を検討中
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
記事タイプ 速報ニュース