F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

アロンソ「オー・ルージュを駆け上がる時の加速は最高だった」

シェア
コメント
アロンソ「オー・ルージュを駆け上がる時の加速は最高だった」
2018/05/04 1:37

1年以上にわたるWECのスーパーシーズンが開幕。その開幕戦スパ6時間レース初日セッション終了後、ドライバーがコメントを寄せた。

 WEC(世界耐久選手権)開幕戦スパ6時間レース初日のセッションが行われ、TOYOTA GAZOO Racingが2セッション連続で1-2を独占した。

 初日の走行後、TOYOTA GAZOO Racingの6人のドライバーが、チームのプレスリリースにコメントを寄せた。

小林可夢偉(7号車):
「スパのような素晴らしいコースで、シーズンのスタートを迎えることが出来て嬉しいです。今日は典型的なレースウィーク初日となりました。我々は幾つかのテストメニューをこなし、バランスなど幾つかの面で改善を進めました。素晴らしいTS050 HYBRIDですが、決勝レースで更なるパフォーマンスを引き出すために、明日も改善を進めていかなくてはなりません。今日は順調なスタートを切ることが出来たので、明日以降も楽しみです」

マイク・コンウェイ(7号車):
「世界でも屈指のサーキットのひとつである、ここスパ・フランコルシャンでまたレースができることを嬉しく思います。クルマがまるで生きているかのように感じられました。今日一日、とても良い状況でしたし、車両セッティングは、最初の練習走行から良い方向へ改善できたと思います。クルマはかなり良い状態ですが、まだ改良できます。最高の状態にするために、明日もいくつかのメニューを着実にこなしたいと思います」

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
「心待ちにしていたシーズン開幕を迎え、再びレースに戻ってくることが出来てとても嬉しく思います。私にとっては、TS050 HYBRIDでスパを走る初めての機会となりましたが、本当に楽しめました。ここスパに向け、テストでこなしてきたことが効を奏し、今日一日で大きな進歩を遂げることが出来ました。TS050 HYBRIDの仕上がりは順調で、今から決勝レースを戦うのが楽しみです」

中嶋一貴(8号車):
「とても上手くいった一日でした。車両バランスでもう少し改善したい部分がありますが、概ね問題はなく運転を楽しめました。私自身は今日あまり多くの周回は出来ませんでしたが、それも耐久レースの宿命です。もっと運転したかったと思う気持ちがあるのは、車両の調整が上手くいっている証拠でしょう。新しいシーズンのスタートを迎える準備が整ったと思えて、気分が高揚します。明日の予選で新しいライバル勢との戦いをお見せしましょう」

セバスチャン・ブエミ(8号車):
「良い一日でした。晴天のスパを楽しみました。長い冬のオフシーズンを経て、またレースが出来ることを幸せに思います。フェルナンドとの初めての公式セッションは本当に楽しかったです。車両を納得いくレベルに仕上げることが出来たと思います。今日の練習走行で良いデータを得ることが出来たので、明日の方向性も掴めました。全般的にとてもポジティブな1日でした」

フェルナンド・アロンソ(8号車):
「本日の走行は実りのあるものとなりました。2つのセッションで様々なことを試しましたが、2回の公式練習走行を走り込むにしたがって車両のバランスの改善が進み、フィーリングが非常に良くなりました。TS050 HYBRIDはスパに合っていて、コーナーからの脱出、特にオー・ルージュを駆け上がる時のハイブリッド・ブーストによる加速は最高です。タイヤも終始安定していました。明日も今日と同じように良い日になることを期待しています」

※コメントは【TOYOTA GAZOO Racing News】より抜粋

次の記事
WECスパFP2:7号車トヨタTS050が首位。2秒のペースアップ

前の記事

WECスパFP2:7号車トヨタTS050が首位。2秒のペースアップ

次の記事

WECデビューのアロンソ「まだ覚えなきゃいけないことが沢山ある」

WECデビューのアロンソ「まだ覚えなきゃいけないことが沢山ある」
コメントを読み込む