WECスパFP2:7号車トヨタTS050が首位。2秒のペースアップ

シェア
コメント
WECスパFP2:7号車トヨタTS050が首位。2秒のペースアップ
執筆:
2018/05/03 23:59

WEC開幕戦スパ6時間レースのフリー走行2回目が行われ、7号車トヨタTS050Hybridがトップタイムを記録した。

 WEC開幕戦スパ6時間レースのフリー走行2回目のセッションが行われ、小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス組の7号車トヨタTS050Hybrisが1分56秒172でトップタイムを記録した。このタイムはコンウェイのドライブによるもので、FP1でフェルナンド・アロンソが記録した8号車トヨタTS050Hybridのベストタイムを、2秒以上更新するものだった。

 2番手にはその8号車トヨタTS050Hybridが約0.4秒遅れで続いた。今回ベストタイムを記録したのは中嶋一貴だった。

 LMP1ノン・ハイブリッド車の中で最速だったのは、ドラゴン・スピードの10号車BRエンジニアリングBR1。今季スーパーフォーミュラにも参戦しているピエトロ・フィッティパルディがステアリングを握り、1分58秒835を記録した。

 レベリオンのR13が4番手と5番手につけ、SMPレーシングが6番手と7番手につけた。

 しかし6番手となった17号車SMPレーシングは、ステファン・サラザンが最速タイムを記録したが、スタベローでグラベルに飛び出してしまい、セッション中2回出された赤旗のうち最初の原因となった。

 LMP2クラス最速だったのは、ドラゴン・スピードの31号車オレカ07。パストール・マルドナドのドライブにより2分2秒991を記録した。なお28号車TSDレーシングはマルメディでコースオフし、セッション2回目の赤旗の原因となっている。

 LM-GTE Proクラスは、66号車フォードGTがトップタイム。FP1ではフォードGTが1-2を独占したが、今回のセッションでは91号車ポルシェ911RSRが2台の間に割って入った。LM-GTE Amクラスのトップは86号車のポルシェ911RSRだった。

→WEC開幕戦スパ6時間レース フリー走行2回目

次の記事
WECスパFP1:アロンソがドライブしたトヨタTS050がトップタイム

前の記事

WECスパFP1:アロンソがドライブしたトヨタTS050がトップタイム

次の記事

アロンソ「オー・ルージュを駆け上がる時の加速は最高だった」

アロンソ「オー・ルージュを駆け上がる時の加速は最高だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
イベント 第1戦スパ6時間
ロケーション スパ・フランコルシャン
ドライバー マイク コンウェイ
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 Gary Watkins
まずは最新ニュースを読む