WEC富士とF1鈴鹿、2019年の開催日程が重複。解決に向け検討へ

シェア
コメント
WEC富士とF1鈴鹿、2019年の開催日程が重複。解決に向け検討へ
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2018/09/01 6:23

F1の2019年暫定カレンダーが発表されたが、F1日本GPとWEC富士のレース日程が重複。今後、日程調整に向けた動きが見られるだろう。

 8月31日(金)、F1は2019年の暫定カレンダーを発表された。3年間の契約延長が発表された日本GPは、鈴鹿サーキットで10月13日に決勝レースが行われることになったが、FIA世界耐久選手権(WEC)の富士6時間レースと日程が重複することになってしまった。

 今年は10月の第1日曜日に開催されるF1日本GPだが、来年は1週間開催が後ろにずれることとなった。この決定の背景には、今年発生した3連戦を避けたいというF1側の意向があったのではないかと考えられる。

 一方、WECの2019-2020シーズンカレンダーは2週間前に発表された。富士6時間レースと同じ週末にIMSAウェザーテックスポーツカー選手権の2019シーズン最終戦プチ・ル・マンが予定されているため、富士の日程に変更があれば、両シリーズに参戦するドライバーにとっては朗報となるだろう。

 鈴鹿でのF1日本GPについて、WECの広報担当に聞くとmotorsport.comに次のように語った。

「ジェラルド(ヌブー/WEC代表)とWECチームは、今後この問題について検討する予定だ」

「今年の富士戦の日程を変更した時、彼が言っていたように、日本で同じ週末にFIAの主要なレースが同時に開催されるのは、良い選択肢ではない」

 今年のWEC富士は2度に渡って日程が変更された。プチ・ル・マンと日程が重なったため1週間前倒しされたのだが、今度はF1アメリカGPを日程衝突。その後、F1にも参戦しているフェルナンド・アロンソがトヨタからWECのLMP1クラスに参戦することになり、再びWEC富士が元の日程に戻ったという経緯がある。

 F1とWEC間で2019年の開催日程が重複しているのは、鈴鹿と富士だけではない。WECのセブリング1000マイルレースとF1開幕戦オーストラリアGP、WECシルバーストンとF1ベルギーGP、WEC上海とF1ブラジルGPが同じ週末に開催される。

 一方で、WECのスパ6時間レースとル・マン24時間レースはF1がない週末に開催されることになる。

次の WEC ニュース
ベッテル、ポルシェ919Hybridからスパのレコード記録を奪う

前の記事

ベッテル、ポルシェ919Hybridからスパのレコード記録を奪う

次の記事

ロイック・デュバル、DTMとの日程重複でWEC富士を欠場。代役はベルニュ

ロイック・デュバル、DTMとの日程重複でWEC富士を欠場。代役はベルニュ
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース