トヨタの失格原因はスキッドブロックのたわみ。チームは控訴を検討中

シェア
コメント
トヨタの失格原因はスキッドブロックのたわみ。チームは控訴を検討中
2018/08/20 5:49

WEC第3戦シルバーストン6時間レースで失格の裁定を受けたトヨタTS050 HYBRIDの2台。車体底に取り付けられたスキッドブロックのたわみが原因だった。チームはこの裁定に対する控訴を検討中だという。

 昨日イギリス・シルバーストンで行われた2018年WEC第3戦シルバーストン6時間レースで、1-2位でチェッカーフラッグを受けたトヨタTS050 HYBRID2台が、揃って失格になった。

 レース後に行われた車検で、車体の底部に取り付けられているスキッドブロックがレギュレーション違反に問われたのが失格の理由だった。

 このスキッドブロックと呼ばれる部品は、車体の底部を路面との接触から守る板。レース後の再車検で、このスキッドブロックが2500Nの重さをかけた時、規定以上曲がらないことが条件だった。ところがトヨタTS050 HYBRIDの8号車は前端が9mm、7号車は両脇が6mm規定値を超えて曲がった。これは2018年LMP1-H技術規則の第3条項目5の6を満たしていないことになり、FIAはそれを規則違反と取った。

 ただし、トヨタからの公式声明によれば、トヨタTS050 HYBRIDのスキッドブロックは2017年から同様のものを使用しており、これまで違反に問われたことはなかった。しかも、近々では5月に行われたスパ6時間レースの後に車検を受けたが、この時には違反は問われなかった。

 トヨタのWEC関係者の仲間には、この判断が不服だと感じている者もいる。チームとしては控訴するかどうか検討中だとしている。

次の WEC ニュース
トヨタ2台がスキッドブロック違反で失格! レベリオン優勝に

前の記事

トヨタ2台がスキッドブロック違反で失格! レベリオン優勝に

次の記事

インタビュー:フェルナンド・アロンソ「来季計画の発表は10月頃」

インタビュー:フェルナンド・アロンソ「来季計画の発表は10月頃」
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース