母国1-2フィニッシュにトヨタ社長「心ひとつに戦うことができた」

シェア
コメント
母国1-2フィニッシュにトヨタ社長「心ひとつに戦うことができた」
2018/10/15 0:41

WEC富士で1-2フィニッシュを果たしたトヨタ自動車の豊田章男社長が、コメントを寄せた。

 富士スピードウェイで行われたWEC第4戦富士6時間レース。母国凱旋レースとなったTOYOTA GAZOO Racingは1-2フィニッシュを果たした。

 この勝利に際し、トヨタ自動車の豊田章男社長が、コメントを発表した。

********************

豊田 章男 トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長

FIA世界耐久選手権富士6時間耐久レースをワン・ツー・フィニッシュでゴールすることができました。

応援いただいた皆さま、ありがとうございました。

ル・マン24時間の凱旋レース…、失格の悔しさを晴らすレース…、そして、多くの仲間が見守る地元でのレース…、そんな富士の6時間には沢山のファンの方々や我々の活動を支えるパートナーの皆さまが 応援に来てくださいます。

そうした皆さまへの感謝の気持ちを伝えるためになんとしても地元富士には行きたいと考えていましたが残念ながら叶いませんでした。

TOYOTA GAZOO Racingとして感謝の気持ちを皆さまに示すのは素晴らしいレースをすることが一番です。そして、なにより今回はル・マンの時のようなワン・ツー・フィニッシュの感動をホームコースで見ていただきたいと思っていました。

今回、そのために私ができたことは、レース前のドライバー達に「富士の道を思いっきり駆け抜けてもらいたい」、「最後まで楽しんでバトルをしてほしい」とメッセージを送ることでした。

決勝前、ドライバー達からも「思いっきりレースをしてきます!」と返信をもらい、彼らは、本当に、そんな6時間にしてくれました。応援くださった方々にもTOYOTA GAZOO Racingの想いが伝わったレースだったと思います。ドライバーのみんな、今回も「思いっきり走ってくれて、ありがとう。」

現地に行くことはできませんでしたが、チームのみんなの想いは画面で見るクルマからも十分に伝わり、離れていても心ひとつに戦うことができました。

チームのみんな、ワン・ツー・フィニッシュをありがとう。7号車のみんな、待望の優勝おめでとう。そしてファンの皆さまいつもご声援を本当にありがとうございます。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

次の記事
小林可夢偉「予選のペナルティを挽回するため、リスクある戦略を取った」

前の記事

小林可夢偉「予選のペナルティを挽回するため、リスクある戦略を取った」

次の記事

ホームで圧勝のトヨタ。TMG村田氏「今回の4周差はチーム力の差」

ホームで圧勝のトヨタ。TMG村田氏「今回の4周差はチーム力の差」
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
イベント 富士6時間レース
サブイベント Sunday race
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース