小林可夢偉「予選のペナルティを挽回するため、リスクある戦略を取った」

シェア
コメント
小林可夢偉「予選のペナルティを挽回するため、リスクある戦略を取った」
2018/10/14 12:54

WEC富士6時間レースで優勝を果たしたトヨタ7号車の小林可夢偉は、予選でのペナルティを挽回するため、リスクある戦略を採ったと明かした。

 富士スピードウェイで行われた世界耐久選手権(WEC)第4戦富士6時間レース。優勝を果たしたのは、7号車トヨタTS050ハイブリッドだった。

 その7号車のクルーであり、スタート/フィニッシュドライバーを務めた小林可夢偉が、今回のレースを振り返った。

「僕らは8番手からスタートしなければなりませんでした。それは非常に残念でしたし、リスキーな戦略を取らざるを得なかったのです」

 7号車は予選でピットレーン速度違反があったため、タイム抹消のペナルティを科せられていたのだ。

「それが、エクストリームウエットタイヤを履かなかった理由です。そして2周のフォーメーションラップの間に、タイヤをウォームアップするのに苦労しました」

「2周を走った後、僕らはプライベーターチームと同じスピードだったので、8号車と同じエクストリームウエットタイヤに交換することを決めました。するとすぐに、僕らのラップタイムは良くなりました」

 路面はその後、急激に乾いていった。そしてインターミディエイトタイヤを履くことなく、ドライタイヤに乗り換えたこと、そしてセーフティカー出動により、予選でのペナルティを帳消しにすることができたようだ。

「その後、インターミディエイトタイヤにするのが、少し遅れたと思います。だから僕らは、一気にドライタイヤを履くことを決めました。そしてセーフティカーの間に、多くのポジションを上げることができたんです。そして最終的には、8号車とのマージンを得ることができました」

「今週末、僕らは明らかに、厳しいスタートでした。しかし、チームはレースに向けてクルマを準備するために素晴らしい仕事をしてくれた。僕らもみんな、素晴らしい仕事をしたと思います」

次の記事
WEC富士決勝:トヨタ7号車が今季初優勝。大荒れの序盤制しトヨタ1-2

前の記事

WEC富士決勝:トヨタ7号車が今季初優勝。大荒れの序盤制しトヨタ1-2

次の記事

母国1-2フィニッシュにトヨタ社長「心ひとつに戦うことができた」

母国1-2フィニッシュにトヨタ社長「心ひとつに戦うことができた」
Load comments

この記事について

シリーズ WEC
イベント 富士6時間レース
サブイベント Sunday race
ドライバー 小林 可夢偉
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース