【WRX】ルノーとプロドライブ、2018年からWRX参戦を表明

シェア
コメント
【WRX】ルノーとプロドライブ、2018年からWRX参戦を表明
Hal Ridge
執筆: Hal Ridge
2017/02/08 10:36

プロドライブとルノーは、2018年のFIA世界ラリークロス選手権(WRX)に参戦することを発表した。

Guerlain Chicherit
Guerlain Chicherit, Renault Megane R.S. RX
Guerlain Chicherit, Renault Megane R.S. RX
Guerlain Chicherit, Renault Megane R.S. RX
Guerlain Chicherit, Renault Megane R.S. RX
Guerlain Chicherit

 以前スバルと共にWRCを戦ったプロドライブとルノーは、2018年のFIA世界ラリークロス選手権(WRX)に参戦することを発表した。

 プロドライブとルノーの提携で設立されたGCKチームは、4代目ルノー・メガーヌ・スーパーカーを2リッターエンジンも含めて本拠地のイギリスで設計開発する。

 新型マシンは2017年9月にフランスで行われる第9戦WRXで発表され、2018年に向けてテスト走行を開始するという。

 また2017年の間にもいくつかのイベントにスポット参戦する予定であるが、どのイベントに参加するのかはまだ明らかになっていない。

 ドライバーは、ゲラン・シシェリを起用する。彼は2015年にJRMレーシングのミニRXスーパーカーでWRXデビューを果たしてから、これまで6つのWRXイベントに出場してきた。彼の最高順位は2015年イタリア戦での16位だ。

 またJRMレーシングのミニRXスーパーカーは、元を辿ればプロドライブによって設計されたものである。プロドライブは既存のWRCプラットフォームを元に、2013年に開催されたXゲーム・ラリークロス・ミュンヘンで初めてラリークロスイベントに参戦した。

 それ以降、チームはリアム・ドランとデイブ・ミラを擁し、グローバルラリークロスでマシンを走らせていたが、WRXに参戦をするという夢は実現できていなかった。

「WRXに参戦することは、長年我々が夢に見てきたことだ」とプロドライブの会長であるデビット・リチャードは語った。

「WRXはモータースポーツ界で最も急成長を遂げているシリーズだ。エンジニアの経験を全て活かすことで世界タイトルを獲得することができるマシンを作ることができると思う」

「ゲランが才能溢れるドライバーであるということは間違いのないことであり、我々は彼と共に働くことを楽しみにしている。彼とルノーに相応しいマシンを開発したい」

 元フリースキー世界チャンピオンでもあるシシェリは、2004年にシトロエン・サクソでジュニア世界ラリー選手権に参戦。また2010年ダカール・ラリーでは、X-Raid BMWを操縦し5位に入賞した経歴がある。

「僕は長年の夢であるWRX参戦を実現するために、プロドライブと共に働く日を楽しみにしている」とシシェリは語った。

「強いマシンは、良いチームの適切なサポートによって作られることを僕は知っている」

「プロドライブが最高のマシンを開発できると確信している。今は、2018年に向けてルノーとプロドライブと共にチャンピオンを目指すことができ、とても興奮しているよ」

【関連ニュース】

【WRX】ソルベルグ、"横置き"エンジンのVWポロをテストに投入

【WRX】ソルベルグ、2017年はVWの支援を受け2台体制参戦

【WRX,WTCC】「”ジョーカーラップ”をF1にも導入すべき」とWRX王者

2017年WRX暫定カレンダーが発表。初カレンダー入りの南ア戦は最終戦

2017年世界ラリークロス選手権の最終戦は南アフリカで開催

次の World Rallycross ニュース
【WRX】ソルベルグ、"横置き"エンジンのVWポロをテストに投入

前の記事

【WRX】ソルベルグ、"横置き"エンジンのVWポロをテストに投入

次の記事

ヘルマン・ティルケ、ティモ・シャイダーとラリークロス用コースを設計

ヘルマン・ティルケ、ティモ・シャイダーとラリークロス用コースを設計
Load comments

この記事について

シリーズ World Rallycross
ドライバー Guerlain Chicherit
執筆者 Hal Ridge
記事タイプ 速報ニュース