【WRX】参戦2年目のローブ「勝利を掴み、僕の歴史に刻むと決意した」

セバスチャン・ローブは、2017年も引き続き世界ラリークロス選手権(WRX)に参戦することを発表した。

 昨年WRXに参戦デビューを果たしたラリー界でも伝説的なドライバーであるセバスチャン・ローブは、2017年シーズンも引き続きワークスチームであるチーム・プジョー・ハンセンからフル参戦することを発表した。チーム・プジョー・ハンセンからは3台のプジョー208 WRXがエントリーすることとなる。

 ローブと彼の同僚であるティミー・ハンセンは2017年仕様のマシン、昨シーズンのヨーロピアン・ラリークロス選手権で優勝を果たしたケビン・ハンセンは、WRXでの経験を積むために2016年仕様のマシンをドライブする予定だ。

 昨シーズンのラトビア戦で初優勝を果たしているローブは、ドライバーとチームの年間タイトル獲得を2017年の目標としている。

「昨年のデビューイヤーで多くのことを学ぶことができたと思う」とローブ。

「2017年バージョンのプジョー208 WRXで勝利を勝ち取れることを願っている」

「僕たちを待ち構えている激しいレースの中では、簡単なことではないだろう。でもこの試練を僕の経歴に刻むと決意した」

 プジョーのスポーツディレクターであるブルーノ・ファミンは、次のように語った。

「セバスチャン・ローブとティミー・ハンセンという強力なふたりのパフォーマンスに期待することができる」

「WRXのレベルが年々上がっていることは非常に実感している。今季は質の高いシーズンになるだろう」

 プジョースポーツはパリ付近に位置するヴェルジでプジョー208の開発を行い、スウェーデンに拠点を置くチーム・プジョー・ハンセンに車両を提供している。

「エンジニアたちが冬の間に素晴らしい仕事をしてくれたため、208 WRXは大きな進化を遂げた」とティミー・ハンセンは語った。

「僕の目標は、良いリズムを見つけ、自分のドライビングスタイルにマシンを適応させていくことだ。勝利のために戦うのであれば、それが必要不可欠だと思う。僕は表彰台の一番上に立ちたい」

【関連ニュース】

【WRX】ルノーとプロドライブ、2018年からWRX参戦を表明

【WRX】ソルベルグ、"横置き"エンジンのVWポロをテストに投入

【WRX】ソルベルグ、2017年はVWの支援を受け2台体制参戦

【WRX,WTCC】「”ジョーカーラップ”をF1にも導入すべき」とWRX王者

【WRX】2017年WRX暫定カレンダーが発表。初カレンダー入りの南ア戦は最終戦

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ World Rallycross
ドライバー Kevin Hansen , セバスチャン ローブ
チーム ハンセン・モータースポーツ
記事タイプ 速報ニュース