セバスチャン・ローブ、来季シトロエンよりWRCスポット参戦が決定

シェア
コメント
セバスチャン・ローブ、来季シトロエンよりWRCスポット参戦が決定
執筆: David Evans
2017/12/21 6:40

セバスチャン・ローブは、来季シトロエンからWRCにスポット参戦する予定だ。

Sébastien Loeb, Daniel Elena, Citroën C3 WRC
Sébastien Loeb, Citroën C3 WRC
Sébastien Loeb, Citroën C3 WRC
Sébastien Loeb, Daniel Elena, Citroën C3 WRC
Kris Meeke, Paul Nagle, Citroën C3 WRC, Citroën World Rally Team
Kris Meeke, Citroën World Rally Team
Kris Meeke, Paul Nagle, Citroën C3 WRC, Citroën World Rally Team
Kris Meeke, Paul Nagle, Citroën C3 WRC, Citroën World Rally Team

 9度のWRC王者であるセバスチャン・ローブは、来季シトロエンからWRCにスポット参戦する予定だ。

 シトロエンはクリス・ミークをフル参戦、クレイグ・ブリーンを全13戦中10戦、そして残りの3戦であるフランス、メキシコ、スペインにローブを参戦させることを発表した。

 ローブはシトロエンからWRCにスポット参戦する他に、シトロエンの姉妹ブランドであるプジョーからダカール・ラリーと世界ラリークロス選手権に参戦することが決定している。

 ローブが最後にWRCに参戦したのは2015年ラリー・モンテカルロだ。今年彼はシトロエンとグラベルとターマックテストを行なっている。

「今年行ったテストでは多くの人が喜んでいた。僕はその中で一番喜んでいたよ。来年僕が参戦する3戦は、論理的な次のステップだ」

「ラリーの中で感じたのは、これまで経験してきた中でも最高のスリルだった。新しいWRカーをラリーイベントでドライブするのが楽しみだ。これまで多くの功績を共に残してきたチームと再び参戦することが決まり、本当に素晴らしい」

 ローブは結果ではなく、競争やラリーを楽しむことに重点に置くと強調した。

「僕は何も期待していない。ただ自分自身が楽しみたいと思っている」

「最近のツール・ド・コルスは僕にとって馴染みのないルートだが、僕はこれまで特にターマックが得意だったから、フランスを走ることが決まったのは理にかなうことだと思う。スペインも良い選択だ」

「僕はまだグラベルラリーに挑戦したいと思っている。だから僕たちはラリーにおいて良い思い出があり、最後にWRCに参戦して以来あまりルート変更がないメキシコを選んだ」

 2016年よりシトロエンからWRCに幾度か参戦していたステファン・ルフェーブルは、来季WRC2に参戦することとなる。さらにカリド・アル・カシミは、チームの3台目のシトロエン C3 WRCでWRCにスポット参戦するという。

 チーム代表であるイヴ・マットンは、次のように語った。

「目標は表彰台を獲得し、もしくは優勝することだ。クリスに関してはチャンピオンシップを争うことができるだろう」

「今年、頭角を現したクレイグは非常に一貫したパフォーマンスをみせた。彼はこれから改善し、高みを目指していくための伸びしろがある」

「また私はシトロエンとセバスチャン・ローブの偉大な歴史の中で新たな章を作ることができ、非常に嬉しく思っている。彼は他の誰でもなく我々とでなければWRCに復帰しなかったのだ」

「テストセッションでセブはブランクがあったのにもかかわらず、スピードとスキルを失っていないことを証明した」

次の WRC ニュース
FIAのWRC代表、現代のラリーに合うイベント開催の基準を設けたいと主張

前の記事

FIAのWRC代表、現代のラリーに合うイベント開催の基準を設けたいと主張

次の記事

Mスポーツ・フォード復帰。WRC2018年にメーカーとして参戦

Mスポーツ・フォード復帰。WRC2018年にメーカーとして参戦
Load comments