VW、未使用の2017年型ポロWRCの完全な姿でのデモラン実施を熱望

フォルクスワーゲンは、使用されることがなかった2017年ポロR WRCをデモランさせる計画を立てているようだ。

 フォルクスワーゲンは、使用されることがなかった2017年ポロR WRCをデモランを計画を立てているようだ。

 2016年限りでのWRC参戦撤退を発表したフォルクスワーゲンだが、チームは2017年シーズンに向けてすでにポロR WRCを完成させていた。当時、ポロは2017年シーズンにプライベーターとして参戦する計画があったが、2017年ホモロゲーションを取得しておらず、現在のWRC参戦チームからの承諾を得ることができなかったため、結局マシンが使用されることはなくお蔵入りした。

 フォルクスワーゲン・モータースポーツのディレクターであるスヴェン・スミーツは、ハノーファーに位置するチームのファクトリーに2017年モンテカルロ仕様として完成された1台のポロが眠っていること明らかにした。

 今後も競技で使用されることはないものの、テスト用のカモフラージュカラーではなく、2017年シーズンに向けてデザインされていた正式なカラーリングを纏ったポロR WRCが公開される予定だという。

「その計画がなくなることはない。いつの日かポロの完全な姿を公開するだろう。もちろんゼブラのカラーリングを纏ったものではなく、誰もが知っている姿を皆さんにお見せすることができると思う」とスミーツは語った。

「現時点でいつ、どのようにポロを見せるのかを考える余裕があまりないが、確かにそういった計画はあるため、期日が定まり次第お知らせするつもりだ」

「この計画は我々が自主的に考えたものだが、まずこの計画についてパートナーと話をつけなければならないだろう」

 スミーツは誰がポロを走らせるのかなどの具体的な計画はまだしていないという。

 フォルクワーゲンは2017年シーズンに向けてセバスチャン・オジェとヤリ-マティ・ラトバラ、アンドレアス・ミケルセンを確保していたが、現在オジェはMスポーツ、ラトバラはトヨタ、ミケルセンはヒュンダイにそれぞれ在籍している。

 そのことについてスミーツは次のように語った。

「もしマシンを動かすのであれば、3人のうち誰かが引退するのを待たなければいけないかもしれないね。だが良いことは待つ甲斐があるだろう!」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
チーム フォルクスワーゲン・モータースポーツ
記事タイプ 速報ニュース