マキネン、開幕戦に先立ち「一貫性をもってシーズンを戦いたい」

TOYOTA GAZOO Racing WRTの代表であるトミ・マキネンは、開幕戦モンテカルロに向けて意気込みを語った。

 TOYOTA GAZOO Racingは、1月25日(木)から28日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)開幕戦ラリー・モンテカルロを3台体制で参戦する。

 2017年シーズンでトヨタは、ヤリ-マティ・ラトバラがシーズン序盤で開催されたラリー・スウェーデン、エサペッカ・ラッピが母国戦ラリー・フィンランドでそれぞれ優勝を果たし、参戦復帰初年度にしては上々の成績を残した。

 2018年から新たにオット・タナックをドライバーとして迎え、強力なラインアップを揃えたトヨタ。チーム代表のトミ・マキネンは今季への意気込みについてTOYOTA GAZOO Racing NEWSで語った。

トミ・マキネン(チーム代表)
「昨年の今ごろはまだヤリスWRCのデビュー準備を進めていましたが、自分たちの実力を完全には理解できていませんでした。 しかし、来るべきシーズンはより一貫性をもってシーズンを戦えると信じています。それは選手権のタイトルを争う上で必要なことですし、去年1年間学び続けた自分たちの目標です。 昨年の最終戦ラリー・オーストラリア終了後、それほど長い休みがあったわけではありませんが、クルマをさらに良くするため非常に忙しい日々を送りました。ラリー・モンテカルロは常に、シーズン開幕戦としては難しいイベントです。私は過去にドライバーとして4回優勝しましたが、その当時はそれほどしっかり準備をしなかったと思います。ラリーのことは考えず、スキーに行っていたくらいです。それと比べれば、我々の3人のドライバーは十分なテストを行ない入念な準備ができているので、良い結果を期待しています」

TOYOTA GAZOO Racing NEWS

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・モンテカルロ
記事タイプ 速報ニュース