ミーク「ローブを起用するために若手を降ろすのは間違っている」

ミークは2018年シーズン中にローブをスポットで起用するために、ブリーンを降ろすというチームの決定に不満を持っている。

 シトロエンのクリス・ミークは、2018年シーズン中にセバスチャン・ローブをスポットで起用するために、若手のクレイグ・ブリーンを降ろすというチームの決定に不満を持っている。

 2017年に2度シトロエンのマシンをテストしたローブは、2018年WRCのメキシコとコルシカ、スペインに参戦することがすでに発表されている。残りの10戦は、ブリーンが参戦するようだ。

 ミークはローブがWRC参戦復帰することに対し肯定的であり、3台目のマシンにローブが乗ることを望んでいたと語った。

「僕はセバスチャンが復帰することになり本当に嬉しく思う。5年間フル参戦から離れていたものの、9度WRCを制するという業績を持つ、WRCにおける素晴らしい代表格のひとりだ」

「彼は非常に大きな器量を持ったドライバーであるから、もし彼がシトロエンでフル参戦で復帰することができたのならば本当に素晴らしいことだろう」

「僕が正しくないと思うのは、彼が3戦走る間、クレイグをマシンから降ろすことだ」

「もう決まったことだし、これは僕が決定することではないから仕方ないことだ。でも僕はクレイグの昨年の成績は十分なものだったと思うし、2018年シーズンもセカンドシートでフル参戦するに値するドライバーだと思う」

「そのドライバーがイベントでどのような利益を生み出すことができるのかを知るために、数年の時間を与えることは以前からあることだ。僕は今それを彼に与えてやるべきだったのだと思う」

「経験を積み重ねている途中のドライバーを脇に追いやるのは本当に正しいことだとは言えない」

ブリーンへの期待

 一方のブリーンは3戦欠場することに対し、落ち込まずにポジティブに捉えたいと述べている。

「もう1年チームに残留することができて嬉しい。WRCでの初めての年は学ぶことがたくさんあった。けど僕は一貫性を保つことができたと思う」

「特にこれまでの経験が少しあったラリー・フィンランドやラリー・GBでは僕が持てる全ての力を発揮した」

 シトロエンのチーム代表であるイヴ・マットンは、2018年はランキングにおいて上位に位置したいと考えており、ローブとブリーンが結果を出してくれることを期待している。

「昨年はクレイグの信頼性は高いということが明らかになった。今は彼が表彰争いに絡むことを期待している」

「おそらく、彼が豊富な経験を持つ今季後半のラリーイベントでは、優勝争いを繰り広げることができると考えている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
ドライバー クレイグ ブリーン , クリス ミーク , セバスチャン ローブ
チーム シトロエン・ワールドラリー・チーム
記事タイプ 速報ニュース