ヤリスWRCを一足先にドライブ。『WRC 7』が東京ゲームショウに出展

2017年WRC(世界ラリー選手権)が収録された公式ゲーム『WRC 7』が11月16日よりインターグロー社から発表される。

 2017年のWRC(世界ラリー選手権)が収録された公式ゲーム『WRC 7』が、11月16日にインターグロー社から発表される。 

Juho Hänninen, Kaj Lindström, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing
Juho Hänninen, Kaj Lindström, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing

Photo by: Sutton Images

 約18年ぶりにWRC参戦復帰を果たしたトヨタだが、初年度にも関わらずすでに2度優勝し、マニファクチャラーズランキングで現在3番手に位置している。エースドライバーのヤリ-マティ・ラトバラとユホ・ハンニネン、さらにシーズン途中から加入した若手のエサペッカ・ラッピによって勢いづくTOYOTA GAZOO Racing WRTチームの活躍は、日本でのラリー熱を再燃させている。

 今季春に発売された前作『WRC 6』よりも早いタイミングで販売される『WRC 7』。日本語へのローカライズ時間が大幅に短縮されたため、海外での発売からの時差も少なくなったという。そういったところからも日本のラリー熱に応えたいというインターグロー社の想いが強く感じられる。また『WRC』シリーズは他のレーシングゲームの中でもeSportを取り入れたのが早く、すでにこれが3作目。eSportの草分け的存在である本作を海外のファンとほぼ同じタイミングから遊べるのも魅力だ。

インターグローブース

 本作の目玉のひとつを申し上げたいのは、ファン待望のトヨタ・ヤリスWRCが収録されている点だ。前作でも特典でヤリステストカーを操縦することができたが、今回は実際のラリーで戦うヤリスWRCを思いのままに動かすことができる。さらに細かいところでは、コースサイドのいたるところに”TOYOTA GAZOO Racing”の看板が設置されている中で、ヤリスWRCを走らせることができる。これもトヨタファンとしてはプレイ中の気分を盛り上げる一要素となるのではなかろうか。

 ラリーの醍醐味である風光明媚な自然のリアルさを前作よりも追求しながらも、ゲームの処理速度を早めたことで、ストレスのないプレイが楽しめるようになっている。収録されているSSは全部で50以上とかなりボリューム。本物の"ラリースト"ならば求めるであろうプレイ時間10分を超える長距離SSも、本作から取り入れられた。

 9月21日(木)に開幕した東京ゲームショウ2017では、『WRC 7』に収録されているラリー・フィンランドのグラベルを、本格的なホイールコントローラ「T150」を使って試遊することができる。

インターグローブース

Photo by: Motorsport.com

 編集部でも早速”ドライブ”してみたが、実際の未舗装路を走っているようなリアルさを、ホイールコントローラーを通して感じることができた。それでいて慣れてくれば、マシンを自在に走らせられるようになっていくはず。というのもコントロールでプレイする事を想定して、微妙な操作のアシストや自動でシフトアップ/ダウンするオートマチック機能の再現性にも力を入れているという。そのおかげか、操作とプレイ画面に違和感なく、心地よく遊ぶことができた。慣れないうちはUターンする余地もない林や崖下へコースオフ、横転することも多々あるだろう。しかし、すぐにリスタートしてコースに復帰できるため、ストレスは感じられなかった。

 また、風景やマシンのデティールも印象的。これもプレイヤーに没入感を与えてくれる要素だろう。轍(わだち)にタイヤが引っかかっている感触やラリー特有のバンク、開けた原っぱなどから本場ラリー・フィンランドを感じ取ることができる。さらにクラッシュによってボンネットが開いてしまい、時折視界を塞がれてしまうところなど、いわば"ラリーあるある"も楽しめる。

インターグローブース
ブース内にはまもなく発売の『MotoGP 17』の試遊台も!

Photo by: Motorsport.com

 今回も事前予約特典が用意されている。それはWRCとERC(ヨーロッパラリー選手権)イベントのミックスシリーズであるFIA R-GT選手権のラリー・モンテカルロに参戦し、今季優勝を飾った『ポルシェ911 GT3 RS RGT』だ。四輪駆動のWRカーとは違った動きを、遊ぶことができるという魅力的な”マシン”だ。ダウンロードコンテンツとしても購入できるが、せっかくならば事前予約特典をして、”お得”にポルシェをゲットしたいところだ。

 発売はまだ2カ月も先。ひと足早く東京ゲームショウ2017(一般公開日9月23・24日)で味わってみてはいかがだろうか? インターグローのブースは、幕張メッセのホール7-C02に置かれている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
記事タイプ 速報ニュース