ランキング最下位のヒュンダイ「次のスウェーデンで負ければ後はない」

WRC王者を狙うヒュンダイのチーム代表は、モンテカルロのような失敗を繰り返す余裕はチームにはないと考えている。

 ヒュンダイのチーム代表であるミシェル・ナンダンは、2018年WRC王者を狙うためにも、今後のイベントでモンテカルロのような"パニック状態"になる余裕はチームにはないと考えている。

 ヒュンダイは2018年WRC開幕戦ラリー・モンテカルロに3台体制で臨んだ。エースのティエリー・ヌービルは、モンテカルロ初日でコース脇の溝に滑り込み、観客の助けを借りながら脱出するもトップから4分以上の遅れをとり、トップ10圏外に位置していた。しかし2日目から最終日まで追い上げたことで結局5位に入賞した。

 一方チームメイトのアンドレアス・ミケルセンはオルタネーターのトラブルに見舞われたことでリタイア。さらに途中まで3番手に位置していたダニ・ソルドも土曜日の第1ステージでクラッシュしたことでリタイアを喫した。

 結局モンテカルロが終了した段階で、ヒュンダイはヌービルが持ち帰った14ポイントのみ獲得し、マニュファクチャラーズランキング最下位に位置している。

 チーム代表のミシェル・ナンダンは、今季のモンテカルロを総括した。

「今後、チームが再びこのような状況になれば、ある意味ゲームオーバーだ。今回の結果は明らかに悪いものだった。しかしもう次のイベントに目を向けよう」

「第2戦スウェーデンは、何もなければヒュンダイの戦闘力は高いだろうし、ティエリーやアンドレアス、ヘイデン(パッドン)にとって得意なラリーだ」

「我々はモンテカルロでも同じことが言えた。おそらくスウェーデンはそこまでトリッキーになることはないだろうし、我々はスウェーデンのコンディションを理解している。もはや来季からはシーズンの始まりをモンテカルロではなく、スウェーデンにした方がいいかもしれないね」

 ヌービルは初日に後退したものの、モンテカルロの全17ステージ中5ステージでトップタイムを記録し、今回優勝を果たしたMスポーツのセバスチャン・オジェにステージ優勝数で上回っている。

 ナンダンはヌービルとミケルセンがパワーステージでポイントを獲得したことに対し、ヒュンダイのスピードを発揮することができたと考えており、少し安堵したようだ。

「モンテカルロの結果には失望し、苛立ちを感じさせられた。技術的にマシンには問題なかったし、良いパフォーマンスを発揮できていた。我々が抱えた問題は、ラリーのコンディションに関係していた」

 金曜日にリタイアしたミケルセンはラリー2規定に則りイベントに復帰したが、開幕戦の特別規則として土曜日にリタイアしたドライバーは最終日に走行することができないと明記されているため、ソルドは再スタートを切ることができなかった。

 ミケルセンが抱えたオルタネーターの故障について、ナンダンは次のように説明した。

「彼はステージ上でリタイアした。走行中、ベルトに泥や砂利などが絡まり、それが原因でベルトが切れたと我々はデータから分析している」

「飛び散ったベルトがオルタネーター周辺に絡まってしまっていた。通常であればベルトを交換すれば済む話だが、短時間でそれを修繕するのは不可能であった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・モンテカルロ
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ
記事タイプ 速報ニュース