大雪に見舞われたMスポーツの事前テスト。オジェ、テストを完了出来ず

Mスポーツが開催したラリー・メキシコ事前テストは大雪に見舞われ、セバスチャン・オジェは計画していたプログラムを完了することができなかったようだ。

 Mスポーツが開催したラリー・メキシコ事前テストは大雪に見舞われ、セバスチャン・オジェは計画していたプログラムを完了することができなかったようだ。

 Mスポーツが南スペインのアルメリアでテストを行っていた際、ストームが発生した影響により、チームは予定よりも2日前倒しでテストを終了させた。

 Mスポーツのエルフィン・エバンスは予定されていたテストを全て完了することができたが、オジェが担当する2日目は雪に見舞われた。またサードドライバーであるティーム・スニネンは、天候のせいでテスト日を完全に失うこととなった。

 しかしMスポーツ・フォード・ワールド・ラリーチームの副チーム代表であるリッチ・ミルナーは、テストが天候の影響を受けたことをそれほど問題視していないようだ。

「ドライバーにとって重要だったのは、モンテカルロとスウェーデンとは違うコンディションであるグラベルを走行することだった」

「この件については大丈夫だ。ティームはテストの機会を得られなかったが、エルフィンとセブ(オジェの愛称)はマシンに乗ることができた」

「正直に話すと、このテストはメキシコの特性と完全に関係しているわけではない。メキシコは高温で標高が高いところで開催される。このテストはある程の高度の場所で行われたが、気温は最高でも15度ほどだった」

 エバンスはテストの内容について満足していると語った。

「コンディションは僕たちにとってかなり良いものだったと思う。どちらかというと少し涼しい気候だったけど、ハードタイヤを試すことができた。完全に理想的な状況ではなかったけど、少なくとも得られるものはあった」

 昨年エバンスは、フィンランドで事前テストを行うことができなかったが、ラリー・フィンランドでは総合2位を獲得した。一方ラリーGB前には特性の少し異なる森林地帯でテストを行い、優勝することができた。

「これまでテストのコンディションを少し妥協させられたとしても、良い結果を残すことができている」とミルナーは語った。

「来週はどのような結果となるのか様子を見てみよう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・メキシコ
ドライバー セバスチャン オジェ
チーム M-スポーツ
記事タイプ 速報ニュース