最新VWポロGTI R5、フランスで4日間の初公開テストを完了

フォルクスワーゲンはフランスで公開テストを行い、ポロGTI R5を走らせた。

 フォルクスワーゲンは、先月にフランス・フォンジョンクーズで4日間のテストを実施。今週月曜日に発表された最新のフォルクスワーゲン・ポロGTI R5を走らせた。

 フォルクスワーゲンは、最新のポロGTI R5を2018年後半までにラリーイベント参戦に意欲的なチームやドライバーに提供することを目的としている。

 テストにはWRC2王者のポントス・ティーデマンとフォルクスワーゲンを愛用するプライベーターのライムント・バウムシュラガーが参加した。

 ポロGTI R5はテスト初日から問題なく走行を行うことができた。フォルクスワーゲンの想定通り、ポロGTI R5はシュコダ・ファビアR5と似たような安定性を持ち、いくつか類似した点があったようだ。

 フォルクスワーゲンのテクニカルディレクターであるフランソア-シャビエル・デマソンは次のように語っている。

「ポロGTI R5は、何の問題なく初テストを終えた。テストドライバーからのフィードバックは極めて肯定的だった」

「世界選手権で優勝したポロの開発に携わった経験豊富なエンジンとメカニックをチームに集めたのは、明らかに有益なことだった」

「また言うまでもなく、フォルフスブルクで働く技術開発部門のスタッフや、2015年以降カスタマー供給するためのR5マシンの開発に携わってきたシュコダのスタッフとの緊密で優れた協力体制を活用できた」

動画:フォルクスワーゲン・ポロGTI R5初公開テスト

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
記事タイプ 速報ニュース