東京ゲームショウ開幕。WRC公式ゲーム『WRC7』試遊ブースが出展

東京ゲームショウ2017が幕張メッセで開幕。WRC公式ゲーム『WRC7』の試遊ブースが、ホール7に出展されている。

 9月21日(木)から、幕張メッセで東京ゲームショウ(TGS)が開幕。様々なゲームを紹介するブースが一同に並んだ。

 TOYOTA GAZOO RacingのWRC(世界ラリー選手権)復帰後最初のマシンとなるヤリスWRCも収録されたWRC公式ゲーム「WRC7」を11月16日(木)に発売するインターグローも、ブースを出展。発売に先立ち、ヤリスWRCのドライビングを体験することができる試遊台が設置されている。走ることのできるコースは、エサペッカ・ラッピがWRC初優勝を果たした、ラリー・フィンランドである。

 TGS初日となった21日(木)にも、「WRC7」の試遊を求める人々が列を作った。中には全身をラリーグッズに身を包んだ熱心な方、プロ顔負けのタイムでコースを駆け抜ける方もいた。また、ドライビングゲームのファンの中心は男性という印象があるが、この日は多くの女性も試遊に挑戦し、ヤリスWRCの”フィーリング”を楽しんだ。

 なお同ブースには、9月28日(木)に発売を控えるMotoGP公式ゲーム「MotoGP 17」の試遊台も設置。『WRC7』同様、eSportsのラインアップに加わっている同作も、注目を集めていた。

 東京ゲームショウ2017は、9月22日(金)までがビジネスデイとしての開催。9月23日(土)と24日(日)は一般公開日となっている。なお、インターグロー社のブースは、ホール7の中央付近に設けられている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
記事タイプ 速報ニュース