F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
FP3 まで
18 時間
:
36
:
11
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

WRCモンテカルロ2日目:前年王者オジェが首位浮上、トヨタのタナクは痛恨のパンクで後退

シェア
コメント
WRCモンテカルロ2日目:前年王者オジェが首位浮上、トヨタのタナクは痛恨のパンクで後退
2019/01/25 23:16

2019WRC開幕戦ラリー・モンテカルロの競技2日目。SS8終了時点でセバスチャン・オジェ(シトロエン)がトップに浮上した。

 競技2日目を迎えた2019WRC開幕戦ラリー・モンテカルロは、前年王者のセバスチャン・オジェ(シトロエン)が総合トップに浮上。一方、初日トップだったオット・タナク(トヨタ)はパンクに見舞われ、大きく後退してしまった。

 この日はSS3からSS8まで予定されていたが、SS3は安全が確保できないという理由でキャンセルとなった。

 初日はトヨタ勢が速さをみせ、タナクが9.1秒リードで首位に立つが、2日目になるとシトロエン勢、ヒュンダイ勢も巻き返しをみせた。SS4ではセバスチャン・ローブ(ヒュンダイ)がステージトップタイムを記録すると、続くSS5ではオジェがトップタイムをマーク。さらに総合順位でもティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が首位に躍り出た。

 一方、トヨタのタナクはライバルから徐々に遅れをとりはじめ、SS6終了時点でトップから28秒差の総合3位に後退。SS7ではタイヤのパンクに見舞われSS途中で緊急のタイヤ交換を余儀なくされた。これにより2分近くタイムをロスし総合7位まで後退してしまった。

 これで、総合首位争いはオジェとヌービルが頭一つ抜け出る形となり、SS7でオジェが首位に浮上し14秒のリードを築くが、この日の最終ステージとなったSS8でヌービルは巻き返しを見せトップタイムをマーク。総合結果でオジェを逆転することはできなかったが、2秒まで差を縮めることに成功した。

 総合3番手にはアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)がつけ、4番手にヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ)がトップから1分25秒差の状態で翌日のステージを迎える。

 

 

次の記事
トヨタ、モンテ初日を全車が走破。タナク「クルマの感触が良く、良い走りができた」

前の記事

トヨタ、モンテ初日を全車が走破。タナク「クルマの感触が良く、良い走りができた」

次の記事

可能性に”興奮”。トヨタ新加入のミークが語るヤリスWRCの印象

可能性に”興奮”。トヨタ新加入のミークが語るヤリスWRCの印象
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・モンテカルロ
サブイベント デイ2