F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

WRCモンテカルロ3日目:トヨタが全SSで最速、優勝争いはオジェ対ヌービルの一騎打ち

シェア
コメント
WRCモンテカルロ3日目:トヨタが全SSで最速、優勝争いはオジェ対ヌービルの一騎打ち
2019/01/27 5:37

2019WRC開幕戦ラリー・モンテカルロ。競技3日目はトヨタ勢が全SSでトップタイムを叩き出す速さをみせた。

 モンテカルロで行われている2019年のWRC開幕戦。競技3日目を終え、総合トップはセバスチャン・オジェ(シトロエン)がキープ。前日に遅れをとったトヨタ勢も全SSでトップタイムを記録した。

 3日目はSS9~SS12までの行われたが、序盤からクラッシュなどアクシデントが相次いだ。SS8終了時点で総合3番手につけていたアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)だがSS9の終盤にマシンの左側を土手に激しくヒット。これにより左リヤタイヤに加えサスペンションまで脱落してしまい、デイリタイヤを余儀なくされた。

 さらにSS10ではエルフィン・エバンス(M-スポーツ)がコースオフし、脇の木に激突。マシンを大きく壊してしまい、こちらもリタイヤするなど、荒れ模様の展開となった。

 そんななか、一際目立つ速さをみせたのがトヨタ勢。前日にタイヤパンクを喫し総合7番手まで後退したオット・タナクは、この日の4つのSS全てでトップタイムをマーク。さらにクリス・ミークがSS9、SS11、SS12で2番手につけると、ヤリ-マティ・ラトバラもSS10で2番手タイムをマークし、トヨタ勢が全SSでワンツーを独占した。

 注目の総合トップ争いはオジェとティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)の一騎打ち。各SSとも一進一退の展開となったが、オジェが着実な走りをみせ総合トップを死守。ヌービルも4.3秒差の2番手につけ、最終日での逆転に望みをつないだ。

 総合3番手には、WRC復帰で注目が集まるセバスチャン・ローブ(ヒュンダイ)が1分58秒差でつけている。トヨタ勢はラトバラが4番手、タナクが5番手、ミークが6番手に続いている。特にラトバラとタナクはローブとのタイム差が15秒以内ということもあり、表彰台のチャンスが十分に残っている状況だ。

 競技最終日はSS13~SS16まで予定されており、最終のSS16がパワーステージに設定されている。

次の記事
可能性に”興奮”。トヨタ新加入のミークが語るヤリスWRCの印象

前の記事

可能性に”興奮”。トヨタ新加入のミークが語るヤリスWRCの印象

次の記事

2.2秒差で逃げ切ったオジェがラリー・モンテカルロ6連覇を達成! トヨタのタナクが3位表彰台

2.2秒差で逃げ切ったオジェがラリー・モンテカルロ6連覇を達成! トヨタのタナクが3位表彰台
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・モンテカルロ