F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
FP3 まで
13 時間
:
45
:
12
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

ラリー・スウェーデン1日目:シェイクダウンから好調のヌービルがトップ発進

シェア
コメント
ラリー・スウェーデン1日目:シェイクダウンから好調のヌービルがトップ発進
2019/02/15 1:23

2019年のWRC第2戦ラリー・スウェーデン。競技1日目はティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)がトップとなった。

 2019年のWRC第2戦ラリー・スウェーデンが開幕。競技1日目はティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が総合トップに躍り出た。

 現地時間の2月14日から2月17日まで4日間の日程で行われるラリー・スウェーデン。その競技1日目はSS1のみが行われた。

 前回のラリー・モンテカルロで2位に入っているヌービル。まずシェイクダウンでトップタイムを叩き出すと、その好調さを維持してSS1でも圧巻の走りを披露。わずか1.9kmのスーパーSSだったが、2番手以下に1秒近い差をつけ、初日トップに躍り出た。

 2番手につけたのは今季シトロエンに移籍したセバスチャン・オジェ。0.8秒差で2日目のステージを迎える。3番手にはアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)がつけた。

 トヨタ勢はオット・タナクが1.9秒差で4番手、ヤリ-マティ・ラトバラが2.0秒差の5番手。クリス・ミークが4.4秒差の10番手となった。

 また、元WRC王者のマーカス・グロンホルムがヤリスWRCを駆りプライベーターでスポット参戦。SS1を8番手タイムで終えている。

次の記事
2022年、WRCに”電気の時代”到来? ハイブリッド含めた規則策定へ

前の記事

2022年、WRCに”電気の時代”到来? ハイブリッド含めた規則策定へ

次の記事

ラリー・スウェーデン2日目:オジェ、ラトバラが早くも脱落、Mスポーツのスニネンが総合トップ

ラリー・スウェーデン2日目:オジェ、ラトバラが早くも脱落、Mスポーツのスニネンが総合トップ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・スウェーデン