ラリー・スウェーデン2日目:オジェ、ラトバラが早くも脱落、Mスポーツのスニネンが総合トップ

シェア
コメント
ラリー・スウェーデン2日目:オジェ、ラトバラが早くも脱落、Mスポーツのスニネンが総合トップ
2019/02/16 2:01

2019WRC第2戦ラリースウェーデン。競技2日目を終えテーム・スニネン(Mスポーツ)が総合首位に立った。

 2019年のWRC第2戦ラリースウェーデンは競技2日目を迎えSS8までが終了。テーム・スニネン(Mスポーツ)が首位に浮上した。

 この日から本格的なSSが始まったラリースウェーデン。SS2から速さをみせたのがオット・タナク(トヨタ)だった。初日は4番手タイムだったが、SS2でトップに浮上するとSS3、SS4と上位タイムを刻み、2番手以下に5.5秒の差をつけ総合トップをキープした。

 一方、開幕戦のラリーモンテカルロで白熱した優勝争いを繰り広げたセバスチャン・オジェ(シトロエン)とティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)はタイムが今ひとつ伸びず、SS5を終えた時点でトップから30秒以上も遅れた。さらにオジェはSS6でコースオフを喫しスタック。7分近くロスしてしまい優勝争いから脱落してしまった。

 波乱はさらに続き、SS7を終えて総合2番手につけていたヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ)が、この日最後のステージだったSS8の序盤でコースオフ。雪のかたまりに突っ込んでしまい、脱出に約10分を要し、大きく後退した。

 SS8を終了して総合トップに躍り出たのはフォードMスポーツのスニネン。SS6でのステージトップを始め、終始安定した走りをみせた。しかし、2番手のタナクとの差はわずか2秒。競技3日目以降も激しいトップ争いが繰り広げられそうだ。総合3番手にはアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)17.8秒差でつけている。

 トヨタ勢ではクリス・ミークが53秒差の総合8番手、ラトバラはSS8でのコースオフが響き9分51秒差の総合29番手となっている。

次の記事
ラリー・スウェーデン1日目:シェイクダウンから好調のヌービルがトップ発進

前の記事

ラリー・スウェーデン1日目:シェイクダウンから好調のヌービルがトップ発進

次の記事

ラリー・スウェーデン3日目:トヨタのタナク、今季初Vへ向け54秒のリードを築く

ラリー・スウェーデン3日目:トヨタのタナク、今季初Vへ向け54秒のリードを築く
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・スウェーデン
Be first to get
breaking news