ラリー・スウェーデン3日目:トヨタのタナク、今季初Vへ向け54秒のリードを築く

シェア
コメント
ラリー・スウェーデン3日目:トヨタのタナク、今季初Vへ向け54秒のリードを築く
2019/02/17 2:32

2019年のWRC第2戦ラリー・スウェーデン。競技3日目を終了し、オット・タナク(トヨタ)がトップに浮上した。

 2019WRC第2戦ラリー・スウェーデンは競技3日目を迎え、トヨタのオット・タナクがトップに浮上。2番手以下に54秒もの大差をつけ、今季初優勝に大きく近づいている。

 この日はSS9からSS16が行われ、途中のSS11では名物の『コリンズ・クレスト』も登場。注目を集める1日となった。

 午前中のSSから速さをみせたのは、競技2日目を総合2番手で終えていたタナク。SS9、SS10と2番手タイムをマークし総合トップに浮上した。

 一方、後続ではこの日もアクシデントが相次いだ。特にSS14でアクシデントに見舞われるマシンが集中。開始2.4km付近でヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ)がコースオフ。大きなダメージはなく走行を再開したが、コース復帰に時間を要してしまった。

 競技2日目の時点で総合トップだったスニネンは開始9km付近でコースオフにしコース脇の木に激突。マシンが大破しデイリタイヤとなった。

 さらに11km地点のところでティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が360度回転するスピンを喫するも場面があったが、こちらはタイムロスの最小限に抑えて復帰。このステージを2番手で終えている。

 こうした波乱が相次ぐ中、タナクは順調に各SSを走破。この日最後に設けられていたスーパーSSやスプリントステージもきっちりまとめ上げ、2番手以下に54.5秒もの差をつけて競技3日目を終了した。

 2番手にはアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)、3番手にはエサペッカ・ラッピ(シトロエン)が続いているが、彼らの2秒後方に4番手のヌービルが迫って来ており、翌日の最終日で激しい表彰台争いが展開されそうだ。

次の記事
ラリー・スウェーデン2日目:オジェ、ラトバラが早くも脱落、Mスポーツのスニネンが総合トップ

前の記事

ラリー・スウェーデン2日目:オジェ、ラトバラが早くも脱落、Mスポーツのスニネンが総合トップ

次の記事

【速報】WRCラリー・スウェーデン、トヨタのオット・タナクが今季初優勝!

【速報】WRCラリー・スウェーデン、トヨタのオット・タナクが今季初優勝!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
まずは最新ニュースを読む