さらなる飛躍を目指すトヨタ。マキネン代表が語るヤリスWRCの進歩

2018年のWRCマニュマクチャラーズタイトルを獲得したトヨタ。2019年のさらなる飛躍に向けて、体制を強化している。

さらなる飛躍を目指すトヨタ。マキネン代表が語るヤリスWRCの進歩

 参戦2年目にしてマニュファクチャラーズ部門でタイトルを獲得するなど、ラリー競技の最高峰シリーズ、WRCで目覚ましい飛躍を遂げているTOYOTA GAZOO Racing WRT。2019年もその勢いは健在で、ドライバーズ部門およびコドライバーズ部門を含めた”三冠”に向けてチーム体制の強化に余念がない。

 まず、既報のとおり、オット・タナク、ヤリ-マティ・ラトバラらが残留するほか、クリス・ミークがシトロエンから移籍するなど、ドライバーのラインナップを変更。さらに主力モデル「ヤリスWRC」も強化されている。

 チーム代表のトミ・マキネンによれば「ジョーカーを使った大幅な変更こそ行っていないが、マシンの細部のブラッシュアップを行っている」とのこと。具体的には「トランスミッションやデフを改良したほか、ダンパーやエンジンも改良している。かなり乗りやすいマシンになっている」という。

 事実、ヤリスWRCのステアリングを握るタナクも「スペックとして2018年の仕様だが、細部の改良によってコントロール性が高くなっている」とのことで、ヤリスWRCもシーズンオフの間に進化を果たしているようだ。

「モナコはドライターマックに加えて、スノーやアイスパッチが点在するトリッキーなコンデションだから、本当に難しいラリーだ。それにミークにとっては初めてのクルマ、初めてのチーム、初めてのエンジニアだから、その対応が大変だと思うが、選手権を考えて3台のヤリスWRCできっちりとポイントを取りたい」と意気込みを語るマキネン。2018年のWRCでトヨタ勢の最上位につけたタナクも「きっちりとポイントを取りたい」と語る。

 2018年のラリー・モンテカルロではタナクが2位、ラトバラが3位とトヨタ陣営にとって実績のあるイベントとなっているだけに、2019年の大会でもTOYOTA GAZOO Racing WRTの活躍に注目したいものだ。

シェア
コメント
ローブのヒュンダイ入りが決定。2年契約が発表

前の記事

ローブのヒュンダイ入りが決定。2年契約が発表

次の記事

トヨタ、R5規定のヤリス製造でWRC2参戦も可能に? マキネン代表が明かす

トヨタ、R5規定のヤリス製造でWRC2参戦も可能に? マキネン代表が明かす
コメントを読み込む