5度目のWRC王者オジェ「Mスポーツとの勝利で高い満足感を得られた」

オジェは、2017年シーズンにMスポーツと獲得したタイトルはこれまでよりも価値の高いものだと語った。

 今年、フォルクスワーゲンからMスポーツに移籍したセバスチャン・オジェは、自身5度のWRCタイトルを獲得した。オジェはフォルクスワーゲン時代の栄光も特別なものであるが、今年プライベーターであるMスポーツとともにタイトルを獲得したことはこれまでにない満足感を得られたと語った。

「今の状況でタイトルを獲得できたことに対し、非常に満足している。こういったことはひとりでは達成できない。チームの大きな助けが必要だ」

「人々は時折、最高のチームがあれば、勝利することは簡単なことだと考えている。しかし最高のマシンと最高のチームがあろうとも勝利することは容易なことではない。そこでも自分の仕事をしなければならない」

「それなのに、小さなチームと少ない予算で勝利を狙おうとするのであればより困難だ。これまでよりも大きなチャレンジをする中で、僕たちは勝利できた。それにより非常に大きな満足感を得られた」

 2017年シーズンは13戦中7名の優勝者がおり、WRCに参戦している4チーム(Mスポーツとシトロエン、トヨタ、ヒュンダイ)がそれぞれのイベントで勝利している。

「良い競争環境だ。ファンは全てのチームに勝つ可能性があった方が嬉しいだろう」とオジェは語った。

「常に言っていることだが、僕にとって最高のスポーツとは"最後まで結果が予測できないスポーツ"だ」

「どのイベント前にも誰が勝利するとは予測できない。そう言った意味で僕はMotoGPが好きだ。ラリーにおいても同じことが言える」

 今年オジェがタイトルを獲得したことによって、セバスチャン・ローブ(2004年〜2012年/タイトル獲得数:9回)とオジェ(2013年〜2017年/タイトル獲得数:5回)が更新しているフランス人によるWRCタイトル防衛は14シーズン目を迎えた。WRCにおける競争は激しくなる一方だが、オジェは2018年のタイトル防衛を誓う。

「フランス人にとって素晴らしい時代だ。時々フランス人はこのことを認識していないんじゃないかと感じることがある。それだけフランス人がWRCで勝利することは普通のことになってきていると思う。でもこれは間違いなく異例の事態だ」

「もちろん、僕たちがここにいる限り、もう少し記録を伸ばすつもりだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
ドライバー セバスチャン オジェ
チーム M-スポーツ
記事タイプ 速報ニュース