WRCアルゼンチン:初日はヌービル首位。トヨタのタナク2番手で続く

シェア
コメント
WRCアルゼンチン:初日はヌービル首位。トヨタのタナク2番手で続く
執筆:
2018/04/26 23:48

WRC第5戦ラリー・アルゼンチンが開幕し、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが初日トップタイムで終えた。

 木曜日、WRC第5戦ラリー・アルゼンチンが開幕し、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが初日をトップタイムで終えた。

 初日は1.9kmに及ぶSS1のみの走行が行われ、ヌービルは2番手のオット・タナク(トヨタ)に対し、0.3秒の差をつけた。

 3番手で続いたのはMスポーツのセバスチャン・オジェ、4番手はアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)だった。

 5番手はシトロエンのクリス・ミーク。そのチームメイトのクレイグ・ブリーンは2戦ぶりのWRC参戦復帰を果たしたが、サービス・アウトが遅れたため、10秒のペナルティを受けることとなった。そのペナルティがなくとも、初日でブリーンは10番手と出遅れている状況だ。

 6番手はトヨタのエサペッカ・ラッピ、Mスポーツの新人であるティーム・スニネンが7番手で続いた。

 8番手はヒュンダイのダニ・ソルド、9番手はヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ)だった。

 翌日のイベント2日目は、7ステージ開催される予定である。

次の記事
チリ、2019年のWRC開催に向けて一歩リードか。日本での開催は?

前の記事

チリ、2019年のWRC開催に向けて一歩リードか。日本での開催は?

次の記事

首位のタナク「これからが非常に楽しみ、今のポジションを守る自信がある」

首位のタナク「これからが非常に楽しみ、今のポジションを守る自信がある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・アルゼンティーナ
ドライバー ティエリー ヌービル
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ
執筆者 Matt Beer
まずは最新ニュースを読む