ラリー豪州:トヨタ、WRC復帰2年目で戴冠! ライバル脱落でオジェが王者に

シェア
コメント
ラリー豪州:トヨタ、WRC復帰2年目で戴冠! ライバル脱落でオジェが王者に
2018/11/18 3:06

WRC最終戦ラリー・オーストラリアの最終日が行われ、トヨタがマニュファクチャラーズタイトル獲得、M-スポーツのオジェが王者となった。

 世界ラリー選手権(WRC)最終戦ラリー・オーストラリアの最終日が行われ、トヨタのヤリ-マティ・ラトバラが優勝。トヨタがマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。ドライバーズタイトルは、総合5位でフィニッシュしたセバスチャン・オジェ(M-スポーツ・フォード)が6連覇を果たしている。

 最終日をトップで迎えたのは、ランキング3位から逆転チャンピオンを狙うオット・タナク(トヨタ)。20秒以上のリードを築き、勝利は安泰かと思われたが思わぬ落とし穴が待っていた。

 SS20でコースオフしラトバラに総合トップを譲ると、SS23では木にマシンを当ててしまいマシンストップ。SS24に出走することができず、最多勝となる今季5勝目も、逆転チャンピオンも逃してしまう結果となった。

 これで大量リードを得たラトバラは、危なげなく今季初優勝。エサペッカ・ラッピも4位でフィニッシュし、トヨタがマニュファクチャラーズタイトルを手にすることになった。

 ランキング2位のティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)はパンクやサスペンション破損などトラブルが相次いでいたが、SS22では木と接触。左リヤホイールを失い、こちらも走行を断念することになった。

 相次いでライバルがいなくなったオジェはパワーステージ首位、総合5位でラリーを終え、ドライバーズタイトル6連覇を達成した。

【リザルト】WRC最終戦ラリー・オーストラリア(※随時更新)

次の記事
ラリー豪州2日目:トヨタ、タイトル獲得に向けワンツーで最終日へ

前の記事

ラリー豪州2日目:トヨタ、タイトル獲得に向けワンツーで最終日へ

次の記事

WRCタイトル獲得。豊田トヨタ社長「この勝利で終わるわけではない」

WRCタイトル獲得。豊田トヨタ社長「この勝利で終わるわけではない」
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・オーストラリア