トヨタ社長が勝田を祝福「トヨタのシートに日本人が乗って欲しい」

トヨタ自動車の豊田章男社長が、ラリー・スウェーデンでWRC2クラス初優勝を果たした勝田貴元を祝福するコメントを発表した。

 ラリー・スウェーデンでWRC2クラス初優勝を果たした勝田貴元。この成果に、トヨタ自動車の豊田章男社長が祝福するコメントを寄せた。

”もっといいクルマ”を世に送り出すため、昨年からWRCに参戦しているトヨタ。豊田社長曰く、そのトヨタのWRCマシンに日本人のドライバー/コ・ドライバーが乗るのも、夢のひとつであったという。

 豊田社長はTOYOTA GAZOO Racing Newsに、次のようにコメントを寄せた。

「勝田貴元選手、ラリー・スウェーデンWRC2クラス優勝おめでとう!」

「18年振りのWRC復帰を決めた時、先ず思い浮かべたのはトヨタのクルマがWRCの道で走る姿でした。そして、次に心に浮かんだのは、やはり、そのシートに日本人のドライバーとコ・ドライバーが乗っていてほしい…そんな想いでした」

「その姿を実現できれば、きっと日本でもラリーという素晴らしい競技・文化に共感してくれる人々がもっと増えると思ったからです」

「その想いで始めたのがWRCで活躍するラリーストを育成するプログラムであるTOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジプログラムでした」

「その挑戦が始まり2年…”日本人が日本車で戦うWRC”という私の夢に、勝田選手は、その偉業で大きな可能性を示してくれました。このことが本当に嬉しい!」

 また、今回優勝した勝田だけでなく、共にTOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジプログラムの一員として戦う新井大輝と足立さやかの健闘も讃えた。

「同じくチャレンジプログラムで共に挑戦している新井大輝選手も、コ・ドライバーとしてWRC参戦を目指す足立さやか選手もスウェーデンの地でステージトップのタイムを出す走りを見せてくれました」

「今回の、みんなの頑張りによって私モリゾウと同じ夢を見る人が日本に増えたと思います。勝田選手、新井選手、足立選手これからも3人で切磋琢磨し日本のみんなの夢をも背負って世界レベルのラリーストという3人の夢を目指していってください。これからも応援しています」

「3選手と共に走ってくれたサルミネン選手、マクニール選手、ニカラ選手もありがとう! これからも3人をよろしくお願いします」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・スウェーデン
ドライバー Takamoto Katsuta
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース