WRCポルトガル土曜:ヌービル首位堅持。トヨタのラッピ5番手

シェア
コメント
WRCポルトガル土曜:ヌービル首位堅持。トヨタのラッピ5番手
2018/05/20 3:42

WRCラリー・ポルトガル土曜日の走行が行われ、ヒュンダイのヌービルがリードを40秒まで拡大させた。トヨタのラッピは5番手を走行している。

 5月19日、WRCラリー・ポルトガルはSS10〜SS15が行われ、ヒュンダイのティエリー・ヌービルがリードを約40秒に拡大させた。

 ヌービルはこの日、M-スポーツのエルフィン・エバンスに対し、17.7秒のリードを築いた状況で走行をスタートさせた。SS11でそのリードは一時減少したものの、SS12で一気に30秒近くまで開き、最終的には39.8秒までリードを広げ、この日の走行を完了した。

 この日の第2、第3ステージでは雨が降ったが、ヒュンダイ勢は4本のソフトタイヤを履くことを選択。M-スポーツは2本のみとした。この判断が、ペースを左右した可能性がある。

 2番手のエバンスは、ヌービルのチームメイトで3番手を走るダニ・ソルドとの差を拡大し、ポジションを確固たるものにしつつある。

 トヨタのエサペッカ・ラッピはこの日の走行を終えた時点で5番手。4番手のテーム・スニネン(M-スポーツ)とは4.7秒の差まで接近している。

 なおシトロエンのクリス・ミークがSS12で大クラッシュを喫した。彼のシトロエンはまっすぐ森に突っ込んでしまい、助けを借りてマシンから脱出した。ミークは背中の痛みを訴えたため、ポルトの病院に搬送され検査を受けたが、大事には至らなかったようで、すぐに退院している。

 なお前日には、ヒュンダイのヘイデン・パッドンもクラッシュして病院に搬送されたが、土曜日の朝には退院している。

Report by Graham Keilloh

→WRCラリー・ポルトガル総合順位(SS15終了時点)

次の記事
WRCポルトガル金曜:ヌービル首位。オジェ&トヨタ勢に相次ぐトラブル

前の記事

WRCポルトガル金曜:ヌービル首位。オジェ&トヨタ勢に相次ぐトラブル

次の記事

WRCポルトガル最終日:ヌービル40秒差勝利。ラッピが最終SS最速

WRCポルトガル最終日:ヌービル40秒差勝利。ラッピが最終SS最速
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・ポルトガル
ドライバー ティエリー ヌービル
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ