ラリー・ジャパン、2020年の開催に向け招致活動を継続

シェア
コメント
ラリー・ジャパン、2020年の開催に向け招致活動を継続
2018/10/13 1:38

2019年のラリー・ジャパン開催に向け業務を行ってきた”WRC世界ラリー選手権日本ラウンド招致準備委員会”が声明を発表。2020年の開催を目指すことを明らかにした。

 2019年のラリー・ジャパン開催に向け業務を行ってきた”WRC世界ラリー選手権日本ラウンド招致準備委員会”が声明を発表。2020年の開催を目指すことを明らかにした。

 2019年の開催が目指されていたラリー・ジャパン。しかし、10月12日に行われた世界モータースポーツ評議会(WMSC)の会合において、2019年の開催が見送られることが決定した。

 この決定を受け、WRC世界ラリー選手権日本ラウンド招致準備委員会は声明を発表。2020年の開催を目指すことを明言した。

「この度、かねてよりWRC(世界ラリー選手権)へのカレンダー申請を行っておりました日本ラウンドですが、残念ながらFIA(国際自動車連盟)は、10月12日の世界モータースポーツ評議会において2019年度国際モータースポーツカレンダーへの日本ラウンドの登録は見送られることになりました」

「WRC日本ラウンド招致準備委員会は、2020年の開催に向けて仕切り直し、招致活動を継続してまいります。引き続き招致活動へのご支援をよろしくお願いいたします」

 11月には来年の開催に向けたキャンディデートイベントを行い、FIAやWRCプロモーターが視察することになっていた。しかしこの開催などについては明言されていない。

次の WRC ニュース
ラリー・ジャパン復活ならず。WRCの2019年開催カレンダー発表

前の記事

ラリー・ジャパン復活ならず。WRCの2019年開催カレンダー発表

次の記事

トヨタWRC、2019年のドライバーラインアップ発表。クリス・ミーク加入

トヨタWRC、2019年のドライバーラインアップ発表。クリス・ミーク加入
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
記事タイプ 速報ニュース