WRC日本戦、2019年秋開催に向け、FIAにカレンダー申請完了

シェア
コメント
WRC日本戦、2019年秋開催に向け、FIAにカレンダー申請完了
執筆: 田中健一
2018/08/22 9:08

WRC日本ラウンドの招致準備委員会が、活動経過報告会を開催。来シーズンからの復活が目指されているラリー・ジャパンの現状について説明した。

 8月22日(水)、WRC世界ラリー選手権日本ラウンド招致準備委員会の活動経過報告会が東京都内で行われ、FIAに対して開催カレンダー申請を行ったことを発表した。

 今年の1月、東京オートサロンの際に発足が発表された”WRC世界ラリー選手権日本ラウンド招致準備委員会”。この半年強、公にはその進捗が発表されてこなかったが、その間にも着々と準備は進んでいたようだ。

 22日に都内で行われた”活動経過報告会”には、WRC日本ラウンドのローカルプロモーターであるサンズの担当者らが登壇。現状について報告した。

 復活1回目となるラリー・ジャパンは、2019年の秋開催を目指し、FIAに対して開催カレンダー申請を済ませたようだ。開催日程については①11月14日〜17日、②11月7日〜10日、③9月12日〜15日の3つの候補が設定されている。また、株式会社サンズが国内プロモーターとして、WRCプロモーターGmbHとの「イベント・プロモーション・アグリーメント」を締結したことも、併せて発表された。

 なお、サービスパークはモリコロパークに設けられる予定で、公園内でスペシャルステージを行う計画もあるという。また、今年11月にリハーサルイベントを行う予定だというが、詳細については調整中であるという。

 WRC日本ラウンドの復活は、今年の12月に行われるFIA世界モータースポーツ評議会での審議を経て、開催が正式決定される予定だ。

 またWRC招致応援団に、フリーアナウンサーの安東弘樹、タレントの梅本まどか、WRCコメンテーターの栗田佳織、フィギュアスケーターの小塚崇彦が就任したことも併せて発表された。

次の WRC ニュース
タナク3勝目にトヨタ社長「感動的だったが、一方で悔しい想いもある」

前の記事

タナク3勝目にトヨタ社長「感動的だったが、一方で悔しい想いもある」

次の記事

開催実現の可能性は99%? 2019年復活を目指すWRC日本戦

開催実現の可能性は99%? 2019年復活を目指すWRC日本戦
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
執筆者 田中健一
記事タイプ 速報ニュース