登録

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本
速報ニュース

日毎に成長……WRカーでモンテカルロ初挑戦。勝田貴元の可能性

ヤリスWRCでのラリー・モンテカルロ初挑戦を7位で終えた勝田貴元。その順位もさることながら、走るたびに成長を見せた……次戦は経験も豊富なスウェーデン戦。さらなる活躍に期待がかかる。

Takamoto Katsuta, Toyota Gazoo Racing WRT Toyota Yaris WRC

Takamoto Katsuta, Toyota Gazoo Racing WRT Toyota Yaris WRC

Toyota Racing

 フォード・フィエスタR5でのWRC2参戦を卒業し、2020年はトヨタ・ヤリスWRCでWRCクラス計8戦に参戦することとなった日本人ドライバーの勝田貴元。その初戦となったのが、ラリー・モンテカルロだった。

 既報のとおり、最終リザルトは自己最高位となる7位に終わったが、勝田にとって、この一戦はリザルト以上に手応えのあるラリーとなったに違いない。筆者が見ていても勝田はデイごとに進化を遂げていた。

 今年は暖冬の影響で積雪量が少なかったとはいえ、ラリー・モンテカルロは雪と氷が点在する特殊ターマック戦で、世界で最も過酷な一戦と言われている。

 事実、今大会でもヒュンダイに移籍したオット・タナクを筆頭に数多くのドライバーが脱落。勝田は2019年の大会にフォード・フィエスタR5で参戦した経験を持つものの、WRカーでは初参戦。「WRカーはスピードが速いのでペースノートの情報量を減らしました」と語るようにラリー序盤から慎重な走りを続けた。

 ナイトステージとして行われたデイ1のSS1は9番手に終わったが、「インフォメーションとクルマを信じきれないなかで走っていたら、ガードレールに途中で当たってしまって。そこからは完走だけを意識して走りました」と語るようにSS2でペースダウン。WRC2に参戦する6台のR5マシンに先行を許すなど14位に止まり、総合順位でも12番手に低迷することとなった。

 このリザルトは勝田にとっても不本意なものだったに違いない。しかし勝田は気持ちを切り替え、ドライターマックのデイ2ではスリックタイヤで安定した走りを披露。「アイスノートクルーが走る時間と自分が走る時間がかなり空いているので、事前の情報とはかなりコンディションがずれてしまい、かなりペースを落としました」と語りながらもペースアップを果たし、総合7番手に浮上した。

 続くデイ3のオープニングステージSS9で勝田は、スノーバンクにヒットしてスピン……フロントのラジエータダクトに雪が詰まってしまったことで3分以上のロスをしてしまうほか、SS13でも13位に止まるなどスタッドタイヤで走行したファーストループは苦戦を強いられた。

 しかし、スリックで雪と氷の残るステージに挑んだセカンドループではSS7で7位、SS8で8位と順調な走りを披露。そのタイムはチームメイトのカリ・ロバンペラやフォード・フィエスタWRCを駆るテーム・スンニネンらと僅差で「午後はスリックでアイスを攻略することが鍵だったんですけど、スプリットタイムは(セバスチャン)オジェとあまり変わらないようでした。全体的にペースを落としすぎたけれど悪くはなかった」と語るように、勝田も確かな手応えを掴んだ。

 そして、ドライターマックのレグ4で勝田は、SSS14およびSS15で6位につけるなど、スンニネンやロバンペラを凌駕するタイムをマークする。

「難しいコンディションの中、徐々にペースを上げられたので良かった。WRC2は危険な数カ所なコーナーでペースを落としても2番手タイム、3番手タイムにつけられるけど、トップクラスは2コーナーだけですぐに10秒ぐらい離されてしまうほどレベルの高い世界。少しずつ詰めていきたいですね」

 そう勝田は締めくくった。

 レグ1を終えた段階では「不安と悔しさしかなかった」と暗い表情で語っていた勝田だったが、フィニッシュランプの前では多くの経験を得たことで明るい表情を見せていた。

 この勝田の7位完走について現地で戦況を見守っていたGAZOOレーシングカンパニーの友山茂樹代表は「準備期間が少ない中、難しいラリーで完走してくれましたからね。このまま経験を積んでいけば、ラリージャパンが楽しみになります」と高く評価していた。

 勝田は走れば走るほど成長を遂げている。本人も「次のスウェーデンは経験が多いので、勝負していきたい」と語っているだけに、次戦は自己最高位更新に期待したいものだ。

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 WRC6冠王者オジェの凄さとは何か? トヨタのチーム関係者が語る
次の記事 昨年トヨタで王座獲得、今年はヒュンダイへ……タナクは新天地でも輝けるか?

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?
More from
廣本 泉
様々なハプニングが起きた新生ラリージャパン、渋滞トラブル回避などポジティブな点も。さらなる改善でWRC代表する一戦となるか

様々なハプニングが起きた新生ラリージャパン、渋滞トラブル回避などポジティブな点も。さらなる改善でWRC代表する一戦となるか

WRC
Rally Japan

様々なハプニングが起きた新生ラリージャパン、渋滞トラブル回避などポジティブな点も。さらなる改善でWRC代表する一戦となるか 様々なハプニングが起きた新生ラリージャパン、渋滞トラブル回避などポジティブな点も。さらなる改善でWRC代表する一戦となるか

ラリージャパンで3位表彰台の勝田貴元「プレッシャーもあったけれど楽しかった」……母国戦を戦ったことで、彼は強くなった

ラリージャパンで3位表彰台の勝田貴元「プレッシャーもあったけれど楽しかった」……母国戦を戦ったことで、彼は強くなった

WRC
Rally Japan

ラリージャパンで3位表彰台の勝田貴元「プレッシャーもあったけれど楽しかった」……母国戦を戦ったことで、彼は強くなった ラリージャパンで3位表彰台の勝田貴元「プレッシャーもあったけれど楽しかった」……母国戦を戦ったことで、彼は強くなった

ラリージャパンは3日目を終えて大激戦の首位争い。最終日は雨予報‥…表彰台狙う勝田貴元にとって追い風となる?

ラリージャパンは3日目を終えて大激戦の首位争い。最終日は雨予報‥…表彰台狙う勝田貴元にとって追い風となる?

WRC
Rally Japan

ラリージャパンは3日目を終えて大激戦の首位争い。最終日は雨予報‥…表彰台狙う勝田貴元にとって追い風となる? ラリージャパンは3日目を終えて大激戦の首位争い。最終日は雨予報‥…表彰台狙う勝田貴元にとって追い風となる?

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

WEC
Lusail Prologue

WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」 WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」

欠場も本気で考えた……オジェ、恩人を失い臨んだラリー・モンテカルロで勝利ならずも「自分のパフォーマンスを誇りに思う」

欠場も本気で考えた……オジェ、恩人を失い臨んだラリー・モンテカルロで勝利ならずも「自分のパフォーマンスを誇りに思う」

WRC
ラリー・モンテカルロ

欠場も本気で考えた……オジェ、恩人を失い臨んだラリー・モンテカルロで勝利ならずも「自分のパフォーマンスを誇りに思う」 欠場も本気で考えた……オジェ、恩人を失い臨んだラリー・モンテカルロで勝利ならずも「自分のパフォーマンスを誇りに思う」

王者トヨタ、2024年のGRヤリスWRCは正常進化。ラトバラ代表「劇的なことは何もない」

王者トヨタ、2024年のGRヤリスWRCは正常進化。ラトバラ代表「劇的なことは何もない」

WRC

王者トヨタ、2024年のGRヤリスWRCは正常進化。ラトバラ代表「劇的なことは何もない」 王者トヨタ、2024年のGRヤリスWRCは正常進化。ラトバラ代表「劇的なことは何もない」

最新ニュース

RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」

RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」

F1 F1
バーレーンGP

RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」 RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」

スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を

スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を

SF スーパーフォーミュラ

スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を

ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」

ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」

F1 F1
バーレーンGP

ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」 ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」

女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」

女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」

F1 F1
バーレーンGP

女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」 女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本