WRCベルギー:ヒュンダイのヌーヴィルが大差勝ち。勝田は2日目SS10でリタイア

ヒュンダイのティエリー・ヌーヴィルが、ベルギーを舞台に行なわれたWRCイープル・ラリーで優勝。2020年のラリー・モンテカルロ以来、久々のWRCでの優勝を手にした。

WRCベルギー:ヒュンダイのヌーヴィルが大差勝ち。勝田は2日目SS10でリタイア

 今シーズン初めてWRC(世界ラリー選手権)の1戦として開催されたイープル・ラリー(ベルギー)。優勝を手にしたのは、ヒュンダイのティエリー・ヌーヴィルだった。

 ヌーヴィルはチームメイトのクレイグ・ブリーンに30.7秒のリードをつけての優勝。これは新たなコ・ドライバーであるマルティン・ウィデゲとコンビを組んで初めての勝利であり、さら2020年1月以来の久々の優勝ということになった。

 トヨタ勢の最上位は、3位になったカッレ・ロバンペラ。前戦ラリー・エストニアに次ぐ連勝とはならなかった。同じくトヨタ勢のエルフィン・エバンスが4位、選手権首位のセバスチャン・オジェが5位でのフィニッシュとなった。

 ヒュンダイのもう1台、オット・タナクは土曜日にパンクに見舞われ、6位でのフィニッシュが精一杯だった。

 上位勢の中でこのイープル・ラリーのコースを走行した経験があるのは、ヌーヴィルとブリーンのふたりのみ。彼らはこれを今回にも活かすことになった。

 中でもヌーヴィルはSS4で首位に立つと、そこから連続でステージを制し、金曜日を終えたところで後続に対して7.6秒のリードを築いた。その後も彼らは冷静に戦い、日曜日に設定されていたスパ・フランコルシャンを通過するパワーステージも問題なくクリア。ヌーヴィルが優勝を手にすることになった。

「ここに来る前にはプレッシャーが大きかったが、この週末はとても快適で、チームとマシンを頼ることができた」

 ヌーヴィルはそう語った。

「マルティンに始めての勝利をもたらすことができたことは、僕にとっても大きな喜びだった。もっと早く勝つべきだったけど、僕らはこれまで運が悪かった。でも、良い気分だよ」

 ヌーヴィルは優勝しただけでなく、前述のスパ・フランコルシャンを含む最終パワーステージを3位で終え、ボーナスポイントも手にすることになった(パワーステージの首位はタナク)。

 なおトヨタの勝田貴元は、土曜日のSS10で大クラッシュ。マシンは大破したが、勝田とコ・ドライバーのキートン・ウイリアムズは幸いにも無事だった。ただここでリタイアすることを余儀なくされている。

 

Read Also:

シェア
コメント
JAF、2022年のFIA国際スポーツカレンダー登録申請一覧を発表。F1日本GPとWEC富士は現状同日程での申請に

前の記事

JAF、2022年のFIA国際スポーツカレンダー登録申請一覧を発表。F1日本GPとWEC富士は現状同日程での申請に

次の記事

スパ・フランコルシャンのナタリー・マイエCEO死去。夫に殺害されたとの報道も

スパ・フランコルシャンのナタリー・マイエCEO死去。夫に殺害されたとの報道も
コメントを読み込む