F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

WRCフランス:劇的な結末。ヌーヴィル大逆転で今季初優勝。ランク首位に

シェア
コメント
WRCフランス:劇的な結末。ヌーヴィル大逆転で今季初優勝。ランク首位に
執筆:
2019/04/01 7:30

M-スポーツのエルフィン・エバンスが最終ステージでパンクしたことにより、ヒュンダイのティエリー・ヌーヴィルがツール・ド・コルスを制した。

 フランスで行われたWRC第4戦ツール・ド・コルスは、劇的な結末となった。

 M-スポーツのエルフィン・エバンスは、2番手のティエリー・ヌーヴィル(ヒュンダイ)に対して11.5秒のリードを築き、最終パワーステージに挑んだ。

 しかしエバンスは、その最終ステージで右フロントタイヤをパンクさせてしまう。これにより1分以上の遅れを喫してしまい、総合3番手まで落ちることとなった。

 ヌーヴィルは最終パワーステージを”地獄のように”プッシュしたという。しかしそのタイムは満足いくものではないと感じていたようだ。エバンスの失意を知るまでは……。

 ヌーヴィルはこれは今季初勝利。ランキングでも、セバスチャン・オジェ(シトロエン)を2ポイント上回って首位に浮上した。

 オジェはこの週末、1度もステージ優勝を果たすことができなかった。彼は週末を通じてサスペンションの感触に満足することができず、様々なセットアップを試したのだった。しかしトラブルを避けて完走し、2位でのゴールとなった。

 トヨタのオット・タナクは、SS10を終えた時点ではトップに立っていた。しかしSS11でパンクを喫し、2分を失うことになる。結果としてタナクは総合6位に終わり、ランキングでも1位から3位に滑り落ちてしまった。

 また同じくトヨタのミークは、SS1で左のフロントタイヤを破損させてしまい、出遅れてしまう。さらにステージ5でもミスを犯してタイムを失った。

 ただペース自体は良く、ミークはボーナスポイントを手にするために日曜午前中のステージでタイヤを温存し、見事5ポイントを手にすることに成功した。彼は総合9番手だった。

 またトヨタのヤリ-マティ・ラトバラも週末を通して苦しんだ。金曜と土曜日にはそれぞれパンクを喫し、チームメイトのミークから1分半遅れの10位でラリーを終えた。

→【リザルト】WRCラリー・フランス最終結果

 
次の記事
WRCメキシコ:オジェが完全制覇で今季2勝目。タナク2位でランク首位堅持

前の記事

WRCメキシコ:オジェが完全制覇で今季2勝目。タナク2位でランク首位堅持

次の記事

WRC日本戦開催へ向け……今年11月にテストイベント開催

WRC日本戦開催へ向け……今年11月にテストイベント開催
コメントを読み込む