WRCエストニア:タナク母国で勝利。トヨタ勢は3位オジェが最上位

WRC(世界ラリー選手権)の第8戦ラリー・エストニアが行なわれ、地元ドライバーであるオット・タナクが勝利を収めた。トヨタのセバスチャン・オジェが、3位に入った。

WRCエストニア:タナク母国で勝利。トヨタ勢は3位オジェが最上位

 3月以来実に半年ぶりの再開となった、2020年のWRC(世界ラリー選手権)。その舞台はエストニアである。

Related videos:

 勝ったのは地元エストニアのオット・タナク(ヒュンダイ)。2位にはクレイグ・ブリーンが入り、ヒュンダイ勢が1-2フィニッシュを果たした。3位にはポイントリーダーであるトヨタのセバスチャン・オジェが入った。

 タナクはチームメイトのブリーンを22秒引き離す完勝。ヒュンダイ移籍後初勝利を飾った。

 タナクはこれに加え、最終パワーステージで3位に入賞。ボーナスポイント3を追加し、ランキング首位のオジェとの差を13ポイントに縮めた。今季残りはラリー・トルコ、ラリー・イタリア、イープル・ラリーの3戦。シーズン終盤に向け、激しいタイトル争いが加速していきそうだ。

 このパワーステージで速さを見せたのはトヨタ陣営。カッレ・ロバンペラが首位、エルフィン・エバンスが2位に入った。オジェは4位で2ポイントを手にした。

 タナクとブリーンは、不必要なリスクを避け、最終日を走り切るだけでよかった。ただタナクは、側溝に落ちかけるシーンもあり、肝を冷やした……しかし大きなタイムロスになることは避けられた。

 一方でトヨタ勢は最終日に猛プッシュ。エバンスが最初のステージを1位で通過すると、オジェはふたつのステージで首位、ロバンペラは3つのステージ優勝を飾った。

 トヨタの勝田貴元は、5番手で2日目を終えた。しかし最終日のSS13でコースオフを喫し、マシンが横転。これでリタイアを喫することとなった。

 タナクにとって最大の脅威になりそうだったのは、同じヒュンダイのティエリー・ヌービルだった。しかし彼は土曜日にクラッシュ。最終パワーステージでボーナスポイントを獲得することを目指し、タイヤを温存した。しかし電子機器にトラブルが発生し、最終ステージでリタイアせざるをえなかった。

 結局最終的には、タナクがチームメイトのブリーンに22秒の差をつけて今季初優勝。3位から5位はオジェ、エバンス、ロバンペラとトヨタ勢が占めた。6位から8位はM-スポーツ勢のフォード・フィエスタが並んだ。

Read Also:

シェア
コメント
ラリージャパン、苦渋の決断で開催中止。実行委員会は”確約”された2021年の開催準備に注力

前の記事

ラリージャパン、苦渋の決断で開催中止。実行委員会は”確約”された2021年の開催準備に注力

次の記事

WRCトルコ:大波乱のラリーをトヨタのエバンスが制しランキング首位浮上

WRCトルコ:大波乱のラリーをトヨタのエバンスが制しランキング首位浮上
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント Rally Estonia
ドライバー オット タナク
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ
執筆者 Nick Garton