トヨタ側もライコネンのWRCチーム加入を否定「推測にすぎない」

シェア
コメント
トヨタ側もライコネンのWRCチーム加入を否定「推測にすぎない」
執筆: David Evans
2018/05/31 3:04

トヨタのスポーティング・ディレクターを務めるカイ・リンドストロームも、ライコネンのトヨタWRC加入を否定した。

Kimi Raikkonen tests the Citroën C4 WRC at Citroën's Satory workshops in Versailles
Kimi Raikkonen tests the Citroën C4 WRC at Citroën's Satory workshops in Versailles
Ott Tanak, Martin Järveoja, Toyota Yaris WRC, Toyota Gazoo Racing
Ott Tanak, Martin Järveoja, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing
Ott Tanak, Martin Järveoja, Toyota Yaris WRC, Toyota Gazoo Racing
Kimi Raikkonen, Ferrari

 今季フェラーリの一員としてF1参戦中のキミ・ライコネン。そのライコネンは今季限りでF1を引退し、来季からTOYOTA GAZOO Racingに加入してWRCに参戦するのではないかとの噂が取りざたされているが、トヨタ側の関係者もこれを否定している。

 ライコネンは2010年と2011年にシロトエンのマシンを駆り、WRCに参戦。その後はF1に舞い戻り、ロータスやフェラーリで活躍してきた。しかし今季限りでF1を引退し、WRCに再び挑むのではないかとの噂が根強く、先日にはTOYOTA GAZOO Racing入りするのではないかとの報道もなされた。

 しかしライコネンはこの噂を否定。誰とも接触していないと明かしている。

 ただ、ライコネンがWRCに興味を持っているのもまた事実。今年の初めに『F1 Racing』誌の取材に答えたライコネンは「多分いくつかのレース(ラリー)には出るだろう。楽しみのためにね。僕はそれを望んでいる」と語っている。またモナコでも「僕はラリーに興味を持っているのは、秘密でもなんでもない」と取材に応じている。

 先週の金曜日、フィンランドのメディアは、トヨタのWRCプログラムを運営するトミ・マキネン・レーシングのエクゼクティブ副代表であるミア・ミエティネンが、次のように語ったと報じた。

「キミはトヨタにとって良い選択肢かもしれない。しかし、彼はフェラーリでのキャリアをこのまま続けるのか、決めなければならないが」

 しかしトヨタのスポーティング・ディレクターを務めるカイ・リンドストロームは、ライコネンがチームに加入することに関する議論は、一切行われていないとmotorsport.comに語った。リンドストロームは、ライコネンがWRCに参戦した際にコ・ドライバーを務めた人物でもある。

「そんなことは初めて聞いたよ」

 リンドストロームはそう語った。

「明らかなことは、もしそういうことが起きるなら、トミ(マキネン/チーム代表)かキミから、最初にその話を聞くはずだ」

「私からすれば、この報道はただの推測にすぎない」

 なおライコネンのWRCでの最高成績は、2010年のラリー・トルコでの5位だった。

次の WRC ニュース
シトロエンを更迭されたミークに、ヒュンダイとトヨタが興味?

前の記事

シトロエンを更迭されたミークに、ヒュンダイとトヨタが興味?

次の記事

シトロエン、”クラッシュ過多”のミークに我慢の限界。参戦打ち切りを発表

シトロエン、”クラッシュ過多”のミークに我慢の限界。参戦打ち切りを発表

この記事について

シリーズ WRC
ドライバー キミ ライコネン
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 David Evans
記事タイプ 速報ニュース