F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーGT
11 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

新型コロナウイルス再流行の中で……FIA、ラリー・モンテカルロの開催に自信

FIAラリーディレクターのイブ・マットンは、2021年のWRC開幕戦ラリー・モンテカルロの開催にかなり自信を持っていると語った。

新型コロナウイルス再流行の中で……FIA、ラリー・モンテカルロの開催に自信

 2021年シーズンのWRC開幕戦、伝統のラリー・モンテカルロは1月21~24日に行なわれる予定だが、2021年は新型コロナウイルスの影響もあり、174マイル(約280km)と史上最短の距離での開催となる。

 フランス政府の厳しい規制により、ラリーの主催者であるモナコ自動車クラブは、通常木曜日の朝に行なわれるシェイクダウンステージ、そして土曜日のステージから『セント・アポリネール-エンブルン』のステージをなくすことを決定した。

Read Also:

 WRCプロモーターのマネージングディレクターに就任したヨナ・シーベルとイブ・マットンは、2021年シーズンに向けて難しい問題に直面している。第2戦として開催されるはずだったラリー・スウェーデンの中止が決まったことにより、ラリー・モンテカルロの開催ができるのかが注目されているのだ。

 マットンは不確定要素はあるものの、ラリー・モンテカルロは開催できると確信しているという。

「(新型コロナウイルスの影響で)保証はないが、現時点でラリー・モンテカルロは開催されると確信している」

「もちろん規制や変更はあるだろうが、このようなイベントを開催できれば、今後の1年間もさらにイベントを実現していくことができるだろう。ラリー・スウェーデンが開催できないのは残念だ」

「我々は様々な制約を考慮し、2021年の後半まで海を越えて移動するイベントをなくした。またメーカーが直面している現状と、2022年に向けて新しいマシンを開発していることから、イベント数を減らすことを提案したのだ」

 先日行なわれたFIA世界モータースポーツ評議会では、2021年のWRCカレンダーを構成する12のラウンドのうち、少なくとも半分のラウンドが実施された場合にのみ、チーム、ドライバー、コ・ドライバーのタイトルを授与することが可決された。

 確実に6ラウンド以上実施できるよう、2021年カレンダーの”リザーブ”リストには6つのイベントが名を連ねている。そのうちのひとつが2020年の最終戦を開催したラリー・モンツァだ。4日間のうち3日間はモンツァ・サーキット内でイベントが行なわれたものの、チームやドライバーから高い評価を受けている。7度目のWRC王者に輝いたトヨタのセバスチャン・オジェもそのひとりだった。

 マットンは「コース上のステージと山間部の伝統的なステージをミックスした面白いイベントを実現するために素晴らしい仕事をしてくれた」と付け加えた。

「コース上でのラリーはラリーのDNAではないという批判もあったが、真の意味での挑戦だった」

「今後、別の方法でラリーを開催しなければならなくなった場合でも、ラリーのDNAを失わずに何が可能かが分かった」

「私は多様性を全面的に支持しているし、似たようなイベントは開催しないようにしたい。ラリー・モンツァのようなイベントをチャンピオンシップでひとつかふたつ開催するのは理に適っている」

Read Also:

シェア
コメント
みんなで振り返ろう、2020年のモタスポ。今年もあなたの“1番”をTwitterで募集!

前の記事

みんなで振り返ろう、2020年のモタスポ。今年もあなたの“1番”をTwitterで募集!

次の記事

今年の“新人王”は文句なし? 読者が選ぶ2020年ベストルーキー

今年の“新人王”は文句なし? 読者が選ぶ2020年ベストルーキー
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC